十勝の食材で作る「美しすぎるクッキー」の凄み

趣味ではなくビジネスとして成功した秘訣

まるでキャンバスに描いた絵のようなアイシングクッキー。生産者の甲賀静香さんに話を聞きました(十勝菓子工房「菓音」提供)

絵画のようなクッキー、マッシュポテトで作られたバラの花々。美しいビジュアルが目を引くこれらの焼き菓子やジャガイモ料理は、北海道産の食材から生み出す「アートフード」として、帯広市の「十勝菓子工房 菓音(かのん)」代表の甲賀静香さんが手がけたものだ。

東京から移住した甲賀さんは、外からの視点と独自のセンスで北海道の食材に付加価値を付け、国内外へ発信を続けている。お菓子作りや料理を趣味ではなく、ビジネスとして成立させた、その秘訣に迫る。

正社員を辞めて転々とした仕事

甲賀さんは大学を卒業後、大手通信販売会社のフェリシモ(本社・兵庫県神戸市)に就職。商品開発兼バイヤーとして食品全般の通販業務を担当し、ファッションや雑貨、子ども服などの企画開発にも携わった。

やりがいはあった一方、バイヤーとして生産者の人たちが自然相手にすばらしい食材を作り出している様子を目の当たりにするたび、会社員として働く自分は、同じように感動を伝えられる仕事ができているのか、考えるようになっていった。会社の中で自分らしく働いていくには能力的にも限界を感じていたこともあり、悩んだ末に退社。新しいことへ挑戦する道を選んだ。

北海道産のジャガイモをマッシュポテトにして作る「ポテトフラワー」。紫やピンクのジャガイモを使い、自然そのままの色合いで美しさを出している(十勝菓子工房「菓音」提供)

しかし、一筋縄ではいかなかった。

まずは在職中から演奏家になることを夢見るほど熱中していたアルパ(ラテンハープ)の講師を神戸で始めたが「音楽一本でやっていくのは厳しい」と現実に直面。その後は北海道へ移り、農村部で休眠していたホテルを復活させる仕事にスタッフとして従事した。

しかし昼夜を問わず心身がすり切れるほど働き、お客さんから心配されてしまうほど。体力的にも精神的にも限界を感じ、今度は札幌で情報誌の制作に関わるようになる。自分らしい仕事は何か、必死に探し続けていた。

次ページやっと転機が訪れる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。