挑戦 我がロマン 鈴木敏文著

挑戦 我がロマン 鈴木敏文著

著者は、「真の競争相手は目まぐるしく変化する顧客ニーズそのもの」を経営理念にして、新興スーパーを7つの事業領域を展開する国内最大の流通コングロマリットに育て上げた。

日本で初めてのコンビニ、セブン−イレブン、その本家の再建、商品の単品管理、イトーヨーカ堂の「業革」、銀行業への参入、買収による百貨店の強化、そしてディスカウントストア再参入など、果敢な挑戦を経て成長する姿は、流通業界に激震を与えた。また「死に筋排除」をはじめ、新常識の発信源でもあった。

著者の活動は自社だけにとどまらず、経済界代表として政府の諮問会合にも参加。前回の金融危機の際、銀行への公的資本注入を進言して注目されてもいる。

さて、現在の激変期、著者は顧客ニーズの変化をどう読んでいるのか。残念ながら本書の「改革のドラマ」からではその内容はわからないが、新たな挑戦に乗り出すのは確かなようだ。

日本経済新聞出版社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。