K-POPオーディションに挑む日本の女子中高生

「韓国でアイドルになりたい」という強固な夢

確かに「数」の問題に限定すれば、中国などのほうが圧倒的に多い。しかしムン社長によれば「ちゃんとお金を払ってCDなどを買ってくれる。コンサートにも足を運んでもらえる。消費意欲は日本が他国を完全に上回っている」のだそう。

TWICEの成功がそれを裏付けた。「聴く、見る」だけに飽き足らなくなった層が、TWICEの日本人メンバーの活躍に触発され、自らアイドルを目指すようになった。正しい「消費」がさらに加速する。

「日韓の関係悪化は、いまのところ業界には大きな影響を及ぼしていません。もちろん油断はできませんが、若い層に根付いたK-POP熱は、簡単に冷めることはないでしょう」

オーディションでは「表現力」が求められる(筆者撮影)

ちなみに、オーディションで注目するのは主に「表現力」だという。

「いまの段階で歌やダンスに多少の難があったとしても、練習すればどうにかなります。1つ2つミスしたところで、それほど気にはなりません。しかし、表現力だけは個性がはっきり表れますからね」

完璧に整っていることが大事なのではない。突き刺さるような眼力はあるか、激しさや気だるさを緩急つけて演じることはできるか。その部分を注視している。

オーディションをハシゴする若者も

いま、ソウルでは大手事務所から、林立するK-POPスクールまで、毎週のようにさまざまなオーディションが開催されている。長期滞在し、オーディションをハシゴする若者も少なくないという。

むろん、合格してもデビューできる保証はない。韓国内にもあまた存在するアイドル予備軍との闘いも避けて通ることはできない。TWICEはあくまでも特別な存在だ。

「そのことはちゃんと理解しています」

静岡県から来た中学校1年生のミナさん(仮名、13歳)は、生真面目な表情で訴えた。

「チャンスがあるならば、とにかく挑戦したいんです」

反目し合う大人たちを尻目に、彼女たちは「夢」を賭けた闘いのなかを進む。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。