K-POPオーディションに挑む日本の女子中高生

「韓国でアイドルになりたい」という強固な夢

なぜ日本の女子中高生が韓国にオーディションを受けに行くのだろうか(筆者撮影)
TWICE、BTS、BLACKPINK、MOMOLAND、IZ*ONE……、韓国のアイドルグループが音楽シーンを席巻している。ヨン様から少女時代を経て第3次韓流ブームとも言われている状況を、最近になってK-POPの魅力に目覚めたというジャーナリスト安田浩一氏が解説する新連載。第1回は、ソウルで行われた韓国芸能事務所のオーディションの様子をお伝えする。

小学生のときに「TWICE」の虜になった

ステージの中央に進み出ると、正面を見据えた。まだ幼さの残る顔に、不安とおびえの色が浮かんでいる。ふう、とまずは深呼吸。

目の前に並んで座っているのは、韓国芸能事務所のスカウトたちだ。緊張するのも無理はない。生まれて初めて、オーディションの舞台に立ったのだ。

「アンニョンハセヨ」(こんにちは)

震えるような声だった、覚えたての韓国語であいさつしたのは、ここで成功したいという彼女の覚悟でもあった。

ユウキさん(仮名、12歳)。東京都内に住む中学1年生だ。

夏休みを利用して韓国を訪ねたのは、ソウルで開かれたK-POPオーディションに参加するためだった。

2年前、小学生だったときにテレビで韓国のアイドルグループ・TWICEを"発見"した。以来、K-POPの虜(とりこ)になった。

「かっこいいなあと思いました。日本のアイドルグループとはまるで違って見えました」

洗練されたダンスに憧れた。動画サイトを繰り返し見ながら、振り付けを真似た。韓国語の歌詞も覚えた。そこまでは、どこにでもいる"Kポペン"(K-POPファンを意味する韓国語による俗称)の1人にすぎなかった。そのうち、「ペン」(ファン)であり続けるだけでは満足できなくなった。単なる憧れが飛躍した。

「私もK-POPアイドルになりたいと思うようになったんです」

近所のダンス教室に通った。2年近く、みっちりとレッスンを重ねた。そしてネットで情報収集し、このオーディションを知った。ツアー形式で、最終日に設定されたオーディションまでは、ダンスレッスンや韓国語講座、文化体験も組み込まれていた。

初めての韓国。初めてのオーディション。不安と緊張でガチガチになりながら、この日、ユウキさんは10数社のスカウトの前で、歌唱とダンスを披露した。

次ページ審査はわずか1分間
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT