ミッツ・マングローブ「自分の価値の見つけ方」

「オネエキャラの主流」から外れて

ミッツさんは、謙遜も萎縮もしない。しかし、つねに自身のことを客観視している。

ミッツ・マングローブさん(写真:梅谷秀司)

「私は意外とのんびりした性格なので、そんなにスパスパ人のことを貶したりぶった斬ったりできないんです。TVに出るようになるまで、その場でいきなり自分の意見を言うこともあまりありませんでした。

もともと、劇や歌やピアノのように、台本や歌詞や楽譜のとおりに表現する世界で生きてきましたから。それって、即興性といちばん遠い世界なんですよね。

それに、製作陣や視聴者から求められることに、応えられる自信もなかったんです。でも、スタッフの方に『やってみてください。ミッツさんなら、できると思いますよ』と言われたんですね。そのとおりにやってみたら、たまたまできちゃった」

ミッツさんがオネエ言葉を使わないワケ

ミッツさんは女装家ではあるものの、過度に「オネエ」を演出するようなしゃべり方はしない。年下相手であっても、つねにですます調で語る。現在の「オネエキャラ」へのイメージが定着したのは、ある大物歌手のブレイクがきっかけなのだとミッツさんは分析する。

「主流や亜流は時代によって変わるけれど、今のオネエ言葉の主流は、90年代の美川憲一さんのしゃべり方です。もともと、美川さんは『〜ヨ』みたいなしゃべり方じゃなかったんですよ。再ブレイクに向けて、2丁目のママにあのしゃべり方を徹底的に仕込まれた結果、『美川ワールド』が出来上がったんですよ。

もちろんそれより前から、おすぎさんとピーコさんたちはいらっしゃいましたが、美川さんのブレイクで、『おだまりっ!』みたいなしゃべり方が『オネエキャラ』の主流になりました」

確かに、言われてみればIKKOさん、はるな愛さん、KABA.ちゃんさん(お二人は現在、戸籍上も女性として生きている)など、人気タレントの口調はどれも似ている。

「私もオカマである以上、たしなみとしてオネエ言葉の語学能力を身につけたほうがいいと思って、『やだぁ〜』『いや〜ん』と話す練習したこともありました。でも、声量がないからダメでしたね。水商売をやっていた時期にも頑張ってみたんですけど、全然サマにならないんです(笑)」

ミッツさんの強烈な個性は、どう生まれたのか。質問してみると、意外な答えが返ってきた。

次ページ私が考える「社会人」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。