ミッツ・マングローブ「個性は努力で育たない」

子どもをおだてるより、もっと大事なこと

強烈な個性を放っているミッツさんは、情操教育を両親から熱心に受けてきたのだろうか。率直に聞いてみると、意外な言葉が返ってきた。

「個性を尊重なんて、一切されてきませんでしたよ。そもそも、大人が手塩にかけて尊重しなきゃ育たない個性なんて個性ではないと、母親はよく言っていました。親がやめなさいと言っても本人が続けるものや、放っておいてもにじみ出てしまうものこそが本当の個性。むしろ、親は務めとして、子どもが社会のレールから外れないように、ある程度は抑えてあげなきゃいけないものだと思います」

「大人になったら、暴発してどうぞ」

実際に、ミッツさんは両親から厳しいしつけを受け、幼少期からきっちりと礼儀をたたき込まれたのだという。

『熱視線』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「両親は、私の行動を逐一修正してくれました。そのうえで『大人になったら、爆発するなり暴発してどうぞ』という方針でしたね。きちんと丁寧に育ててもらったな、と感謝しています。

親は、子どもを過保護に尊重してもしょうがない。身にも金にもならない程度の個性を『あなたは才能があるわよ』なんて変におだてて伸ばそうとするよりも、お箸の持ち方やきれいな字の書き方、算数をきちんと身につけてやるほうが大事です。社会の一員として生きていくためにね」

自分がやりたいことに取り組むのは、礼儀、礼節、教養をしっかりと身につけることができてからにするべきだという。

「社会に迷惑をかけないように振る舞うスキルを得たうえで、うまく自己主張していかないといけません。私は両親から『人に何か意見するとか、提案を通したいのであれば、代案を含めて3つ以上考えてから行動しなさい。頭ごなしに主張したり、盲信的になってはダメ』と教育されてきました。正面突破するよりも、裏から回ったほうがいい場合もある、と。それでも、私は頑固なので前から行きたくなっちゃうんですけどね」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT