花王「アタック」が32年間も首位を譲らない理由

衣料用洗剤王者、新商品「ZERO」の着眼点

都内のスーパーで展開された「アタックZERO」の売り場(筆者撮影)

7月中旬、都内の大型スーパーを訪れた。洗剤売り場に回ると、店頭が白地に赤囲みロゴの液体洗剤で染まっていた。花王が4月1日に発売した衣料用洗剤「アタックZERO(ゼロ)」だ。イメージキャラクターの5人の俳優、広告コピーのPOPが周囲に踊る。

「アタック」は1987年に発売されたロングセラーブランドだ。発売から間もなく大ヒット商品となり、同年の「日経ヒット商品番付」(当時は日経流通新聞)で「西の横綱」に選ばれた。以来、32年にわたり衣料用洗剤のトップブランドを続け、現在、グローバルの売上高は1000億円を超える。その旗艦ブランドが全面リニューアルされた。

「今回、商品名の“ZERO”に思いを込めました。花王が独自に開発した洗浄基剤『バイオIOS』を主成分とし、これまでの洗剤では落ちにくかった汚れがゼロ、生乾きのイヤなにおいもゼロ、洗剤残りもゼロの“ゼロ洗浄”を目指したのです」

「アタック」のブランドマネジャーである野村由紀氏(花王ファブリックケア事業部)は、こう胸を張る。

大胆な販売戦略もとった。これまで家庭で使われてきた「アタックNeo」シリーズを廃止して「アタックZERO」に一本化した。もちろん消費者が思惑通りに切り替えてくれれば……の話だが、花王は「これはいける」と思うと、時々こうした戦略をとる。

例えば1984年にボディソープ「ビオレu」を発売したときの広告コピーも、「もう石鹸使わないのよ。今日からビオレu」だった。もともと花王石鹸(1890年発売)でメーカーとしての歴史を刻み始めた会社なので、「成功体験を捨てる」例で紹介されることも多い。

イケメン俳優5人が“説明調”で訴求

今回「アタックZERO」は、テレビCMでもユニークな訴求を行った。人気のイケメン俳優を揃えて、やりとりの中で商品の性能や優位性を伝えるようにしたのだ。

「アタック」のブランドマネジャーの野村由紀氏(筆者撮影)

「今回は伝えたい特長が多いので、商品の優位性を俳優さんに話してもらうようにしました。イケメン起用のフレームなら、女性が関心を持つと考えたのです」(野村氏)

こうして、ストーリーの中で嫌みなく商品特性を伝えられ、キャラクターがかぶらない5人が選ばれた。松坂桃李(30歳)、菅田将暉(26歳)、賀来賢人(28歳)、間宮祥太朗(25歳)、杉野遥亮(23歳)だ(年齢はいずれも商品発売の4月1日時点)。

次ページ花王の企業体質を学校の教室に例えると?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。