女性の9割が「労働をボイコット」した国の顛末 アイスランドの女性たちが起こした"革命"

✎ 1〜 ✎ 53 ✎ 54 ✎ 55 ✎ 最新
印刷
A
A
アイスランドで見かけた仲のよさそうな老夫婦。天国のような光景だけど、物価と税金が世界トップクラスに高いという一面を持つ国でもあります(著者撮影)

ワンオペ育児中の女性が、ある日ブチ切れ、衝動的にプチ家出をした話を聞くことがあります。つまりは、ひとりストライキです。ひとりだとパワーとしては弱いので、残念ながら必ずしも成果が得られるとは限らないのですが、1つの手段としてアリだと私は思っています。そう、革命を起こしたアイスランドの女性たちのように。

……なんてことを書くと、「なにが男女格差だ! 家事育児を放り出すなんて、そんなの女の甘えだ! じゃあ男の苦しさが女にわかるのか!?」なんて声が上がるかもしれません。それはそのとおりで、実は男性は男性で苦しい。なぜなら、男性も男女格差の被害者だからです。

男女格差は女性だけの問題ではない

日本では「家事育児よりも仕事だ」「妻子を1人で養うべし」と言われながら育てられた男性はとても多いのです。それは長時間労働につながり、多くの男性が心身共に疲れきってしまっています。さらにそのしわ寄せで女性はワンオペ育児に苦しみ、夫婦は不仲……そんな不幸せな悪循環に陥ってしまった家庭がたくさんある。つまり、男女格差は女性だけの問題ではないのです。じゃあどうしたらいいの?

日本人は「人に迷惑をかけたくない」という気持ちが強いので、ストライキをあまり好まない傾向があります。ただ、生活を本当に変えたければ、疲れない生活を手に入れたければ、時に「休むこと」で訴える手が必要なときもあります。

常軌を逸したことを要求する会社にも、不平等を理解しないパートナーにも、ストライキで対抗するくらいの強さは持ったほうがいい。今回、アイスランドの革命の話を知って、改めてそんなふうに思ったのでした。

ちなみに、男女格差がひどいと共働きがうまくいかないので、その国の経済が伸びないというデータもあります。つまり、「なにが男女格差だ!」という人ばかりだと、その国は衰退していってしまうのです。自分の国が衰退していくって困りますよね……。

というわけで、今回学んだつかれない家族になるヒントは……

不平等をどうやっても理解してもらえない。もう万策尽きた……

ひとりストライキを敢行してみよう

ひとりストライキがうまくいかないとき。そのときには、アイスランドの人たちのように、大勢で団結してストライキをするときなのかもしれません。実は、似たような女性ストライキは現在、世界各地で開催されているそうです。

さて、そんな「男女平等」が根付く国でのリアルな生活は? 次回は、このご家庭の家事育児分担の詳細を紹介します。

この連載にはサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」があります。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT