テリー・ゴウが台湾のトランプになり損ねた訳

「常勝将軍」を撤退に追い込んだ2つの可能性

重要なのは「理性的な思考や政策面の討論に回帰」という言葉である。総統選への立候補表明以来、郭台銘氏は、ライバルとなる韓国瑜氏の支持者や国民党サイドから、理不尽な批判や嫌がらせを受けてきた、という意識が強かった。

この「一部の政治家」が指しているのも韓国瑜氏のことだ。ポピュリズム的な発言で人気を集めて急激に台頭し、昨年11月に高雄市長に当選。今年6月の国民党党内予備選で郭台銘氏らを破って、正式な候補者になった。

その郭台銘氏の本音は、17日に公表された出馬断念の自身の動画で「私はこれ以上政治のドタバタ劇に巻き込まれたくない」という本人のコメントからもうかがえた。このコメントは動画の公表直後になぜか削除されているが、「本音」に近いものだっただろう。

郭台銘氏はビジネスにおいては「常勝将軍」としての地位を築いていた。経済人としては、中国では習近平・国家主席、アメリカではトランプ大統領にサシで会って対等に意見交換もできる。

しかし、政治はさすがに勝手が違う。政治演説が下手だと批判もされた。経済振興のための政策も現実味がないという指摘を受けた。党内予備選で韓国瑜氏に大差で敗北を喫した。郭台銘氏にとっては屈辱だったはずだ。

政治の世界では素人だった

ワンマン経営に慣れきっていた郭台銘氏にとって、日々メディアに追跡され、政敵からの攻撃もあり、地べたを這いずり廻るような支持者回りもする台湾の苛烈な選挙にはこれ以上耐えられないと感じたのかもしれない。

郭台銘氏の経営は、しばしば思いつきで、周到な計算に基づくものではないが、強い意志と突破力で不可能を可能にしてきた部分が大きかった。しかし、魑魅魍魎がうごめく政治の世界では「素人」の壁を崩せなかった。

台湾ではなお、郭台銘氏が親民党などの少数政党の推薦で出馬する可能性を指摘する声もある。声明でも「署名による立候補を断念した」という言葉を使って、出馬の含みは残したようにも見える。ただ、選挙まで残り4カ月を切ったこのタイミングが総統選で勝つには時間的にも最後のチャンスであった。

台湾総統への郭台銘氏の挑戦は「挫折」という形でいったん幕を下ろしたと見ていいだろう。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。