転職で給料を上げる人と下げる人の決定的な差

業界か職種のいずれかを変えるのが近道だ

給料をアップさせるにはどうしたらいいか?(デザイン:熊谷 直美)

給料を上げたい──。ほとんどのビジネスパーソンは、そう考えているだろう。実現するにはどうしたらよいか。

究極的には2つの方法しかない。1つは今勤めている会社で自分の評価を上げ、昇給すること。もう1つは給料の上がる会社へ転職することだ。

『週刊東洋経済』は9月24日発売号で、「給料 最新序列」を特集。独自試算した各社の生涯給料をはじめ、給料アップの具体的ノウハウや方法論をふんだんに紹介している。

人手不足の中、転職市場は活況

とくに「転職する人」が、最近は増えている。2018年の転職者数は前年比5.8%増の329万人。8年連続の増加で、10年ぶりの高水準だ。背景にあるのは人手不足。一定期間(通常2カ月)内の求人数に対し、どれぐらい求職者がいるかを示す有効求人倍率でみると、2018年は1.61倍と1973年以来の高い水準になっており、多くの企業が中途採用を増やしている。

『週刊東洋経済』9月24日発売号の特集は、「給料 最新序列」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

厚生労働省の雇用動向調査によると、2018年に転職した人にうち給料の上がった人の割合は37.0%で、2017年と比べても0.6ポイント上昇した。2000年以降の最高だった2014年の36.6%を上回り、最低だった2009年の25.7%より約11ポイント多い。しかも給料が1割以上アップした人が25.7%に達している。

ただし、転職すれば給料が増えるわけではない。同じ調査で2018年に転職した人のうち34.2%は給料が減少した。その割合は2017年に比べても1.2ポイント増えている。転職者が増える中で、給料を上げられる人と下げる人はハッキリと明暗が分かている。

次ページ業界か職種を「ズラす」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT