「エスティマ」「キューブ」生産を終える根本理由

人気の高かった国産車種が次々と消えていく

その結果、現行キューブは共感を呼び、2010年頃は1カ月に4000~5000台を登録した。今のセレナに近い台数だったが、次第に売れ行きを下げていく。近年では緊急自動ブレーキの非装着が大きなマイナス要因となった。

それでも直近で1カ月に400~500台は登録され、特別仕様車を加えた直後は相応に台数を伸ばす。国内市場に合った商品だから、廃止するには惜しいクルマだ。実際、以前は次期型の開発も計画されていたが、日産の世界戦略とのバランスもあって立ち消えになったようだ。

SUVの流れを変えた初代パジェロ

1982年に発売された初代パジェロは、SUVの流れを変えた。それまでのランドクルーザーなどは積雪地域や森林で使う作業車だったが、初代パジェロは乗用車感覚を強めて一般ユーザーが購入した。これをきっかけに、他社のSUVも一般ユーザーを想定して開発されるようになった。その結果、1980年代から1990年代の前半には、パジェロのようなオフロードSUVがブームを迎えている。

しかし1990年代の中盤になると、RAV4やCR-Vなど、前輪駆動をベースにしたシティ派SUVが登場する。オフロードSUVは、悪路走破力は高いが、運転のしやすさ、居住性、価格の割安感でシティ派に負けてしまう。

2006年に発売された現行型パジェロ(写真:三菱自動車)

そのためにオフロードSUVは売れ行きが下がり、テラノ、サファリ、ハイラックスサーフ、ビッグホーンなどは販売を終えた。パジェロも現行型を2006年に発売したが、国内販売の主力はシティ派のアウトランダーに移り、パジェロは歩行者保護要件に対応できないこともあって8月に国内販売を終えた(海外では継続的に売り続ける)。

日本のSUVの使用環境は、悪路といっても雪道までだ。前輪駆動ベースのアウトランダーでも、走破力に不満はない。三菱はオフロードSUVのパジェロは役割を終えたと判断したのだろう。

次ページなぜ日本市場を軽視するのか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT