「エスティマ」「キューブ」生産を終える根本理由

人気の高かった国産車種が次々と消えていく

カテゴリー別に見ると、セダンの減少が激しく、ワゴンはすでに車種数を大幅に減らした。今後は軽自動車が国内販売総数の半分近くまで増えて、コンパクトカーも根強く、総じて小さなクルマが中心の市場になる。

そしてセダン/ワゴン/SUVの上級モデルでは、輸入車が売れ行きを伸ばす。2019年の国内販売台数は1990年の68%まで減ったが、メルセデス・ベンツの国内登録台数は、逆に173%に増えている。輸入車は車種数が増え、日本車の価格上昇もあって、以前の割高感が薄れたこともある。

今後は小さなクルマは日本車、大きなクルマは輸入車、という役割分担が進みクルマの選び方も変化してくるだろう。

設計の古い従来型の販売はやめるべき

この流れは仕方ないともいえるが、海外でフルモデルチェンジを行いながら、日本では設計の古い従来型を販売するというようなことはやめるべきだ。設計の新しい車種は、衝突時の乗員保護性能も含めて安全性を進化させるから、従来型を売れば日本のユーザーを危険にさらすことになってしまう。

ジュークとレガシィは、国内仕様も早急にフルモデルチェンジすべきだ。ホンダは2017年10月に海外では新型アコードを発売しながら、日本では旧型を売り続け、2020年初頭にフルモデルチェンジするという。

日本のメーカーは、もはやどこの国の企業なのかわからない状態になっている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT