「エスティマ」「キューブ」生産を終える根本理由

人気の高かった国産車種が次々と消えていく

トヨタ「エスティマ」は2019年10月に生産を終了し、約30年の歴史に幕を下ろす(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

最近、かつて人気の高かった国産の主力車種が、次々と生産終了を発表している。トヨタではミニバンのエスティマが、2019年10月に生産を終える。8月以降はメーカーに向けた新規発注が締め切られ、販売を実質的に終了した。同じトヨタではLサイズセダンのマークXも、2019年12月に生産を終える。

日産は2019年中にコンパクトカーのキューブを終了させる。三菱パジェロも8月に国内向けの生産を終えて、三菱のホームページから削除された。

ファミリー向けのミニバンへの逆風

エスティマはLサイズの上級ミニバンで、初代モデルを1990年に発売した。本来であれば、2015年に行われたアルファード&ヴェルファイアのフルモデルチェンジに先駆けて、エスティマも一新されるはずであった。というのも、それまではまずエスティマが新型になり、そのプラットフォームやエンジンを使って、アルファード&ヴェルファイアを開発したからだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ところがこの流れとは異なり、アルファード&ヴェルファイアを刷新して残し、エスティマは廃止することになった。その理由は、日本では少子高齢化は避けられず、ファミリー向けのミニバンは売れ行きが厳しくなると予想されるからだ。

また最近は安全機能や環境性能の向上で、クルマの価格が高まった。これに伴って売れ筋車種が小さくなり、今では新車として売られるクルマの40%近くを軽自動車が占める。この内の85%は、全高が1600mmを超える車内の広いミニバン的な車種だ。小型車でもルーミー&タンクのような背の高い車種が人気で、ミニバンから乗り換えるユーザーも増えた。

そうなると4人乗車で荷物を積む用途なら、ミニバンを買う必要はなく、空間効率の優れたコンパクトカーや軽自動車で済む。

次ページエスティマを廃止するもう1つの理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT