「エスティマ」「キューブ」生産を終える根本理由

人気の高かった国産車種が次々と消えていく

そこで改めてセダンの価値を見直したのがマークXだ。セダンはミニバンに比べて天井が低く、重心も下がる。後席とトランクスペースの間に隔壁があり、ボディ剛性を高めやすい。

つまりミニバン時代におけるセダンの価値は、低重心で剛性の高いボディーが生み出す優れた走行安定性と快適な乗り心地、トランクスペースを隔離したことによる走行音の静かさだ。この安全と快適という、新たなセダンの価値を表現したのが、全高を25mm下げたマークXであった。

2019年12月に生産終了となる「マークX」(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

マークXは2009年に現行型へフルモデルチェンジされたが、その後は改良を怠った。クラウンやカムリなどのLサイズセダンが、ハイブリッドを主力ユニットに転換する中で、マークXはV型6気筒2.5Lと3.5Lのノーマルエンジンで据え置かれた。

5~6年前にトヨペット店のセールスマンが「今はエコカー減税の対象にならないと、お客様が購入の候補に入れてくれない。マークXにもハイブリッドを搭載してほしいが、トヨタにその気はない」と悩んでいた。

スポーティー志向でハイブリッドを積まないなら、せめて2Lターボを用意するなどのケアは行うべきだった。マークXがフルモデルチェンジを受けずに生産を終えると、Lサイズセダンの選択肢はさらに乏しくなる。

穏やかに走るキューブの価値観

キューブの初代モデルは1998年に発売され、背の高いコンパクトカーの先駆けになった。2002年には2代目が発売され、角に丸みのある水平基調のボディは存在感が強く、居住性も良好だった。

2008年に現行型となった日産「キューブ」(写真:日産自動車)

そして2008年に現行型が登場する。内装は和風をテーマにデザインされ、インパネは緩い曲線を描く。ガラスルーフには障子を模した「SHOJIシェード」が備わり、車内を柔らかい光で満たした。シートは前後席ともにソファ風で、独特のリラックス感覚が持ち味だ。

今のクルマのデザインは、大半がカッコよくて速いイメージだが、キューブは逆にゆっくりと穏やかに走る価値観がある。

次ページ2010年ごろのキューブの売れ行きは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT