クルマをサービス起点として考える時代の勝機

モビリティ革命を発展させる「CARS」とは?

従来、「クルマや車関連用品は、特別なものであり、独立したチャネルで、専門的な知識を有したスタッフが詳細に説明して販売しなければ失敗する」という慣習でした。言い換えれば、「スーパーでは売れっこない!」というのが、業界の常識だったのかもしれません。

CARSという提言に期待すること

しかし、「自動車生活」も暮らしの一部として捉えれば、家電や日用雑貨と一緒にクルマや関連商品を販売したりサービスをスーパーで提供することも可能です。

『自動車(クルマ)が家電になる日~2030年‐これ1冊で「モビリティ革命」の全容がわかる!~』(あさ出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

EVの充電器が、商業施設の至る所で見られるようになったのもその前哨かも知れません。日常の買い物の顧客接点を有し、生活者視点で商品価値を伝えられるリテーラーは、最新技術を広める絶好の舞台になると思います。

「完全自動運転で、道中は本当に豊かになるのか」

「無人コミュニティーバスを巡回させれば、過疎地域は活性化するのか」

「交通渋滞がなくなれば、家族での遠出はもっと増えるのか」

CARSという枠組みは、私が考える1つの例です。

お伝えしたいのは、技術発展を育み、生活者の素朴な疑問を解決し、自動車生活の次世代を、ワクワクするものにするために、議論やビジネスの創出を発展させていきたいということです。CARSという1つの提言が、新しい時代の幕開けに向け、議論を刺激するものとなれたら幸いです。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT