サウジ爆撃で避けられない、アメリカの「報復」

国際社会の掟は「やられたらやり返す」

最後の4番目のBはイスラエルのネタニヤフ首相。愛称がビービーという由来から、Bの一員とされる。9月17日はイスラエルの総選挙の投票日で、日本時間19日までに結果が判明する。野党と勢力が拮抗しており、場合によっては組閣が失敗し、退陣も想定されよう。この時期にイラン側が悪役となることで、敵であるイスラエル政府の苦境を救うことは考えにくい。

結局、フーシ派はイランが完全に統制している組織ではないだけに、サウジアラビアやアメリカの犯行説についても、まったく根拠がないわけではない。しかしアメリカでさえ、「背後にイランがいる」というだけで、ホワイトハウスの記者会見でも証拠を挙げなかった。

もっとも、「やられたらやり返す」のが、アメリカを含めた国際社会の掟。なめられたらおしまいだ。

「アメリカはイランに対する軍事攻撃と反撃能力をシミュレーションしている」(元外務省幹部)ことは否定できない。ただ、イランとその配下の勢力(ヒズボラやフーシ派など)の反撃能力が侮れないことが、今回のサウジアラビア攻撃でも証明されたのは間違いない。もしドローンだとしたら、安価な機器によって、あれほどの成果が上げられるのだ。アメリカとして安易にイラン攻撃には踏み切れない環境だろう。

とはいえイランの苦境が続いているのも事実。アメリカはイラン核合意から一方的に離脱した。調印国の英仏独とロシア、中国が核合意遵守派だが、アメリカの金融パワーを含む2次制裁に立ち向かえる国はない。イランに対する過酷な経済制裁が続き、限界にきていることは確かだ。

大統領再選に向けてのアピールが最優先

トランプ大統領の外交はすべて2020年の大統領再選に向けられている。

イランの場合でも、トランプ大統領の脳裡には、イランの最高指導者ハメネイ師とロウハニ大統領と会談し、映像として世界に報道されることを望んでいるはずだ。その会談で、オバマ前大統領が締結した核合意よりも「厳しめ」な合意ができれば、選挙民に成果を誇示できる。

ただし、イランにとってトランプ大統領の思惑は、虫のいいディールだ。とてものめないし、仮にのんだら、政権の正統性と根拠が失われる。

アメリカ対イランのチキンレース(度胸試し)は2020年まで続く。今回のサウジアラビア攻撃で、その直前までほのかにあった、トランプ大統領とロウハニ大統領の国連総会での会談、経済制裁の緩和という”希望”は消えてしまった。これが残念ながら現実だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT