児童相談所職員にのしかかる何とも過重な負担

虐待対応で月100時間残業も、独自調査で判明

同調査結果で、児童福祉司の過重労働の参考値となるのが、月の時間外労働時間である。平均時間外労働時間が多かったのは、さいたま市(52.4時間)、名古屋市(51.4時間)、三重県(47.3時間)、徳島県(46.8時間)など。全自治体を見渡しても、総務庁調査(2017年)における地方公務員の月の平均時間外労働時間(13.2時間)を上回る自治体が多かった。

月の時間外労働がとくに多かった職員は、千葉市(121時間)、三重県(97時間)、名古屋市(94.3時間)などにいた。これらは過労死ラインとされる月80時間を超えており、長時間労働が深刻といえる。

では児童福祉司の増員により、現場の労働環境は改善されつつあるのか。時間外労働時間の最大値が月80時間を超えた徳島県の児相担当者は、「相談件数が増え続け、2018年にピークを迎えた。人数が増えても時間外労働時間も増えている」と話す。

緊急対応も長時間労働の一因に

長時間労働の背景には、児童福祉司の勤務スタイルの問題もある。そもそも児童福祉司は、9時から17時といった一般的な会社員のような勤務体制は取りにくい。日中、仕事や学校に行っている親や子どもに会えるのは、夕方以降になる。家庭訪問を終わらせ、夜は報告書などの書類作成に追われる。

また児相の緊急対応のルールも、勤務時間が長くなる一因である。児相は土日問わず、虐待の通告から48時間以内に安全確認をしなければならない決まりとなっている。

職員の時間外労働時間の最大値が80時間を超えるさいたま市の児相担当者は「通告への対応などの緊急対応に追われてしまい、アフターフォローのための支援時間が十分に取れないこともある」と話す。同90時間を超えた名古屋市の児相担当者は、「最も残業時間が多い職員は、緊急対応に特化した介入担当の職員」と明かす。名古屋市では、緊急対応をする介入担当の職員と、その後のアフターフォローをする支援担当の職員とを分けているという。

次ページ職員の役割分担は難しい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT