進化から見た病気 「ダーウィン医学」のすすめ 栃内新著

進化から見た病気 「ダーウィン医学」のすすめ 栃内新著

ダーウィン医学(進化医学)とは病気の意味をヒトの進化の視点から解き明かそうとする学問。たとえば200~300年ぐらい前までの人類は、他の野生動物同様、目の前に食べ物があれば満腹になるまで食べ、なくなれば何日も断食するのが普通だった。そのためヒトの身体も慢性的な飢餓状態に耐えられるよう、すぐに使わなくてもいいエネルギーを体内に蓄えておく性質がある。そうした身体で1日3度規則正しく食事を摂り続けることはいわゆる飽食状態を意味し、それが生活習慣病へとつながる。

著者は北海道大学准教授で理学博士。病気になることは身体にとって意味のあることとし、新しい病気との付き合い方を示唆している。

講談社ブルーバックス 861円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT