進化から見た病気 「ダーウィン医学」のすすめ 栃内新著

進化から見た病気 「ダーウィン医学」のすすめ 栃内新著

ダーウィン医学(進化医学)とは病気の意味をヒトの進化の視点から解き明かそうとする学問。たとえば200~300年ぐらい前までの人類は、他の野生動物同様、目の前に食べ物があれば満腹になるまで食べ、なくなれば何日も断食するのが普通だった。そのためヒトの身体も慢性的な飢餓状態に耐えられるよう、すぐに使わなくてもいいエネルギーを体内に蓄えておく性質がある。そうした身体で1日3度規則正しく食事を摂り続けることはいわゆる飽食状態を意味し、それが生活習慣病へとつながる。

著者は北海道大学准教授で理学博士。病気になることは身体にとって意味のあることとし、新しい病気との付き合い方を示唆している。

講談社ブルーバックス 861円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。