内陸を走る総武線の「海抜」が京葉線より低い謎

地盤沈下で海沿いの埋立地と高さが逆転

総武線の亀戸―平井間。内陸にあるが地面の高さは海抜より低い(筆者撮影)

都心から千葉方面へと向かうJR京葉線とJR総武線。京葉線は地下の東京駅を発車して3つ目の潮見駅手前で地上に出てからは、東京ディズニーリゾートのある舞浜駅付近まで、海辺を走るので東京湾の眺めがいい。

総武線は御茶ノ水駅で中央線と分かれた後、都内では海岸から約5~10km内陸部を東へ進む。京葉線とは山側に並行して進む形である。

総武線のほうが低い土地を走る

常識的に考えると、内陸を行く総武線沿線のほうが京葉沿線より標高(海抜)が高いと思うだろう。だがこれがまったく逆なのだ。

都内の路線ごとの沿線地形は、意外性に満ちている。これまでも、平坦な尾根を行く京王線と、凸凹地形を行く小田急小田原線の相異に触れた「京王と小田急、地形断面図でみる車窓の特徴」や、「中央線・西武・東武、まるで異なる『沿線地形』」の記事で、それぞれ予想外に展開する沿線地形の特徴をみてきた。これらは皆、都心から西へと向かい武蔵野台地を走る路線だった。

今回の2路線は都心から東へ、下町やウォーターフロントといった平坦な土地を行くが、これらも沿線地形をみていくと、意外な結果が表れた。

次ページ総武線と京葉線の走る土地を比較
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT