自由が丘駅が「丘」でなく「谷」にある駅名の謎

私鉄にはたくさんある「山・丘」がJRにはない

東急東横線自由が丘駅の高架下を横切る遊歩道はかつては川だった。つまり駅は周囲より低い場所にある(筆者撮影)

東京周辺の地形と駅名の関連性を調べていて、2つの面白いことに気づいた。

自由が丘駅(東急)は丘(高い所)ではなくむしろ谷(低い所)に立地している。梅ヶ丘駅(小田急)も丘の下に位置している。○○丘駅というふうに「丘」の付く駅の多くは丘の上どころか谷底にあったりする。

山と丘が私鉄にあってJRにない

そんなこと、とっくに気づいているという方もいるかもしれないが、もう1つ奇妙な事実を見つけた。これには大発見した気分になってしまった。以下のことである。

都内の私鉄の駅には、「山」の付く駅が数多くある。代官山駅、御嶽山駅、大岡山駅、武蔵小山駅(以上東急)、八幡山駅、千歳烏山駅、浜田山駅、久我山駅(以上京王)、京王・小田急永山駅、萩山駅(西武)、大山駅(東武)などである。

奇妙なことにこれらはすべて私鉄の駅で、JRの東京都内の駅には「山」が付く駅が1つもないのである。

山だけではない。都内のJRには、「丘」が付く駅もない。さらにいえば富士見台駅のように「台」の付く駅もない。いったいこれはどうしたことだろう。

都内のJR線が平坦地を走っていて私鉄が丘のある凸凹地形の台地を走っているというのなら、理由はわかる。だがそうではない。JR中央線は小田急や京王と同じく、規模は小さいながら凸凹の多い地形の武蔵野台地を走っているし、JR青梅線に至っては奥多摩の山間部へと分け入っていく。

次ページ「丘」が付く駅名のイメージは
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT