横浜周辺「水没リスク」がある路線はここだ

大地震で津波襲来…その時への備えは?

横浜駅の改札口付近に掲示された「津波避難情報」の地図(筆者撮影)

西日本の洪水災害は、首都圏でもひとごとではない。倉敷市の河川氾濫は、行政により予測されハザードマップが作られていた。

首都圏に大地震が発生したとき、大津波襲来の危険が指摘されている。そしてこちらも、神奈川、東京、千葉の都県ではハザードマップが作られている。同じように災害が起きてもおかしくないのである。

JR横浜駅に「津波避難情報」の地図が掲示されているのをご存じだろうか。地図は横浜駅を中心に半径400~600mほどの地域が津波襲来を示す水色に塗られている。すべての改札(4カ所)付近に貼られているが、意識しないと見落としてしまいがちなので、横浜駅を何度か利用した人でも、気づいていない方もいるかもしれない。

首都圏の海岸(神奈川県、東京都、千葉県)にも巨大地震の際、津波襲来が想定されている。「首都圏『大地震で大津波が来る駅』ランキング」記事で述べたように、江ノ電の長谷駅では最大で5~8mの津波が想定されている。

そのとき、鉄道はどう対応し、われわれはどうすればいいのか。

横浜駅周辺は津波襲来エリア

首都圏の鉄道の中で、津波襲来エリアにあり、かつ利用者、電車の本数とも圧倒的に多いのが横浜駅周辺である。東京都内の鉄道駅では、ゆりかもめ日の出駅がいちばん浸水高があり0.5~0.8m(地表部分)、JR浜松町駅が0~0.15m(地表部分)だが、横浜駅へは、それよりずっと高い津波が想定されている。

津波は駅だけでなく駅間の線路にも当然やってくる。そこで今回は、横浜周辺(横浜市と川崎市)の鉄道路線に限定し、駅間における線路への津波襲来高ランキングを作成してみた。

作成にあたっては、神奈川県が発表した巨大地震における津波ハザードマップを基に線路(一部は線路付近)への津波の高さを集計し、独自に順位付けを行った。地下路線は駅付近の地表の津波浸水高とした。また横浜シーサイドラインは、高架鉄道なので今回は除外した。

次ページ横浜周辺で0.15m以上の津波が来る路線はここだ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?