内陸を走る総武線の「海抜」が京葉線より低い謎

地盤沈下で海沿いの埋立地と高さが逆転

なお、京成本線より地盤沈下の激しいエリアを行く京成押上線荒川橋梁は、平成14年に架替が完了している。また総武線荒川橋梁も、周辺区間の線路増が行われた昭和47年の竣工なので、その後の地盤沈下の影響はほとんど受けてないと考えられる。

こうした地盤沈下被害とは逆に、地下水の汲み上げを止めたことによる障害も起きた。昭和60年に開業した東北新幹線の上野駅。新幹線ホームは地下約30mのところにある。

同駅建設の測量が行われた段階では地下水位は新幹線ホーム予定位置より数m下だった。しかし地下水汲み上げが停止になってから年月が経つにつれ、地下水位はどんどん上昇し、開業10年後には、地下水位が地下約15mまで上がってきた。そのため地下駅は地下水による浮力を強く受けることになった。

地下が「浮く」上野駅

コンクリートや鉄でできた地下駅が浮くというのは奇妙な気がするかもしれないが、要は浮力により建設当時にはなかった上向きの力が働き始めたのである。それによる駅構造のダメージを防ぐため、上野駅の地下部分には、現在までに数万トンの鉄塊の設置やアンカーボルト数百本の打ち込みがなされている。

総武線の浅草橋―両国間。乗っていると海抜の低い土地だとは気づきにくい(筆者撮影)

地下水の大量汲み上げという形で一度自然に大きな手を加えると、後々までその影響はさまざまな所に表れるという一例である。

海抜の低い土地は、高潮、洪水などのリスクが高い。電車に乗って車窓を見るのは楽しいが、残念なことに景色からだけでは土地の高さはわからないし、京葉線と総武線の例のように誤解もしやすい。

都内ではとくに海抜の低い地下鉄駅の出入り口に海抜表記がなされている。そうした点にも注目して、平坦ではない東京東部の地形にもぜひ関心をもっていただければと思う。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT