忘れっぽい人でも「記憶力」をぐんと伸ばすコツ

記憶力日本一が教える覚える力アップの秘策

世間には、記憶術がたくさん存在し、細かい記憶テクニックがいろいろあります。しかし本質や考え方はすべて同じ「映像で覚えること、イメージングすること」だと断言できます。

単語も数字も人の名前も、文字ではなく映像に変換して覚えるのが記憶術の基本です。この脳の性質を利用すれば、はるかに楽に速くたくさん覚えることができます。

名前を覚えられないのには理由がある

名前は覚えにくいものの代表格。それには理由があります。名前を覚えるには、顔という映像情報と名前という文字情報の2つを同時に覚えなければなりません。名前は文字なのでただでさえ記憶に残りにくいのに、顔の特徴と何の関連性もありません。それが顔と名前を覚えることを難しくするのです。

一方、名前はなかなか記憶できないのに、相手の仕事や趣味などは覚えられる、ということはありませんか。それは仕事や趣味などはイメージできるからです。本人が取り組むところを無意識にイメージと結びつけるため、名前より覚えやすいのです。だから文字情報である名前のほうをイメージに変えて、覚えやすい形にしましょう。名前から勝手に、性格や仕事、趣味や人間関係などを創作してしまうのです。

「大橋」さんだったら「大きい橋からバンジージャンプをするのが趣味の人」など、自由にイメージをつくってしまいます。「安藤」さんなら「(あんドー)ナツ大好物でいつも袋を抱えて食べている人」とダジャレにしてもいいでしょう。有名人や知り合いと同じ名前であればそれも利用します。「坂本」さんなら「坂本龍馬の子孫」と勝手に創作してかまいません。

重要なのは、イメージに本人の顔を必ず登場させること。先ほどの例であれば、大橋さん自身が大きな橋からバンジージャンプをする映像を思い浮かべます。本人を登場させることが、映像情報としての顔と、文字情報としての名前を結び付ける役割を果たすのです。ですから名前を思い出すときは、イメージ全体を思い出すだけ。イメージ内に顔と名前が入っているので、いもづる式に名前も思い出せます。

次ページ「記憶力はイメージの力」といっても過言ではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT