「ケインズの予言」の当たりとはずれの理由

「我々の孫たちの経済的可能性」から考える

You Tubeに動画を投稿したりするのは、第4段階や第5段階、FacebookやTwitterなどのSNSで多くの友人とつねにつながっているというのは第3段階だろう。

スマホで子どもの現在地がわかり、安全性が増すなど基本的な欲求の満足度も高まってはいるが、近年は基本的な欲求に比べて高度な欲求を満たす手段が飛躍的に進歩しているのではないか。情報通信技術の進歩で高次元の欲求を実現する手段が飛躍的に進歩した一方で、最も基礎的な欲求は満たされてはいないということではないだろうか。

人々にとって最も切実であるはずの基本的な欲求が満たされる前に、高度な欲求を満たすほうに社会が進んでいるのは、人間が他の動物とは異なって基本的な欲求が満たされるだけでは十分だと思わないということがあるだろう。多くの人は衣食住が足りれば自由や人権といったものが無視されてもよいとは思わないに違いない。

所得や富の偏りの問題がある

加えて、市場経済では消費者が望むものは、それを求める人の数ではなくて、支出能力に応じて供給されることも大きな原因だろう。少数の大金持ちが個人で宇宙旅行をしたいと願えば、それを実現しようという事業者が出てくるが、多くの人が生活必需品を求めていても、ひとりひとりの所得が低ければ十分な量が供給されない。そこには、所得や富の分配に偏りがあるという問題がある。

ケインズだけでなくマルクスやシュンペーターらも、経済成長の終わりという問題を論じているが、働く必要がなくなり日々やることがなくて困ってしまうということは当分なさそうだ。需要が飽和してしまうという心配をする必要もないが、一方、生活の不安がなくなるという日も、まだ遠い先のことだろう。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。