ドンキ、営業経験がない「異色社長」誕生のわけ

コンサル出身者が国内外での拡大戦略の要に

「ドン・キホーテ」を展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの社長に9月、代表取締役専務の吉田直樹氏が就任する(編集部撮影)

「2015年に勇退した安田隆夫・創業会長の背中を追い、私も国内グループ会社の役職をすべて返上し、退路を断ってアメリカ事業に専念する」

8月中旬に開かれた、総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの2019年6月期決算説明会。その壇上、同社の大原孝治社長兼CEOはこう宣言し、9月の株主総会後に社長の座を退くことを明らかにした。大原氏は社長退任後、創業会長特任顧問兼特別理事およびアメリカ事業を担うグループ会社の社長に就任する。

ユニー買収をまとめ上げた人物

大原社長の後任で、同社の4代目社長となるのが、現・代表取締役専務の吉田直樹氏だ。吉田氏はマッキンゼー・アンド・カンパニーを経てコンサルティング会社を立ち上げた後、以前から親交のあった安田創業会長の強いオファーを受けて、2007年にアメリカ事業を展開するドンキのグループ子会社社長に就任した。

近年は大原社長の「右腕」として、ガバナンスやコンプライアンス関連の業務をこなす一方、M&Aを推進。今年1月に完全子会社化したGMS(総合スーパー)・ユニーの買収を、先頭に立ってまとめ上げた実績を持つ。

それだけに「安田創業会長の信任は非常に厚い」(パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス幹部)という。吉田氏を知る社外関係者の間でも、「人当たりが柔らかく、調整役に適している」との評判だ。

「吉田は、私にはない素晴らしい知見と資質を身につけており、彼なら安心してバトンを託すことができる。当社にとって安田が父親ならば、私はその長男。そして、吉田は非常にできのよい次男だ」。大原社長は後任の吉田氏について、こう太鼓判を押した。

次ページ吉田氏が異色の新社長とされる理由
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。