ヒンディー語でわかるインド人の性格

「昨日」と「明日」は同じ単語

 ヒンディー語と英語の使い分け

 なるほど、そういう意味で言えばインドは「ひとつの国」に見えない。

多民族、多言語、多宗教、インド人同士で会話ができないこともある。

英語とヒンディー語、両方のコピーライターであるシャノンは、

こんな話をしてくれた。

 

インド人のほとんどは、英語もヒンディー語も完璧じゃないと思うわ。

たとえば、「わたしたちの製品はハイクオリティです」って

ヒンディー語で書くとき、「ハイクオリティ」は英語を使うの。

なぜなら、ハイクオリティっていう意味のヒンディー語はあるけど、

その単語を知らない人が多いから、使われないのよ。

 

日本語でも、英語や和製英語を交えて話すことが多いけれども、

ヒンディー語のそれとは少し違う背景で使われている気がする。

専門用語や固有名詞以外だと、カッコいいとか伝わりやすいとかで、

それと同じ意味の日本語を知らない人が多いから、とはならない。

 

逆に、英語を話しているときに、ヒンディー語を混ぜることもあるわ。

英語ってシンプルだから、ヒンディー語のほうが細かいニュアンスが

伝わることもあるのよ。

これだ、これをインド人以外のぼくみたいな日本人がいる会議でも

何も気にせずやってしまうので、聞いていると途中で大混乱なのである。

さらに、ヒンディー語のイントネーションなものだから、

余計に聞き取りにくくなるわけである。

次ページ「今日」じゃないのは、どっちも一緒
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT