ほんの3分!脂肪が燃え続ける秘密の「運動法」

医学界とスポーツ界が注目するHIITの秘密

この調査では45人の若い女性(20歳前後、BMI値23前後)に被験者になってもらい、次の条件で「HIIT」「持続的な運動」「普段通り」の3群に分け、15週間後の脂肪量を計測しました。

【HIIT】自転車エルゴメーターで「オールアウト(全力)で8秒こぎ、12秒ゆっくりこいでリカバリー」を1セットとして、これを60セット(計20分間)。週3回実施。
【持続的な運動】自転車エルゴメーターで最大酸素摂取量の60%の運動強度でこぎ続ける。最初は10~20分間から始め、徐々に運動時間を延ばして40分間。週3回実施。
【普段通り】できるだけ日常の活動性を変えずに15週間過ごす。

いずれもHIITがほかのグループと比べて有意に減少

その結果、グラフからも明らかなように、体全体の総脂肪量とお腹周りの脂肪量のいずれも、HIITがほかのグループと比べて有意に減りました。

ただし、この論文の結果だけを見て「HIITは痩せて、持続的な運動は痩せない」とはいえません。おそらくこの研究で持続的な運動を行ったグループが痩せなかったのは(むしろ脂肪が増えたのは)、負荷が軽すぎたせいではないかとも推論できます。

次ページHIITを続けていれば…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング