米国の「バイオ・ゲノム企業」のすさまじい進化

最先端を目指し、しのぎを削る企業を紹介

サレプタ・セラピューティクス(SRPT)はデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬「エテプリルセン(EXONDYS51)」をアメリカで発売している。2018年12月には、同じくデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療の新薬「Golodirsen」の承認申請を提出した。デュシェンヌ型筋ジストロフィーの遺伝子治療分野では2018年1月に上場したばかりのソリッド・バイオサイエンシズ(SLDB)も注目だ。

リジェネックスバイオ(RGNX)は、網膜、ムコ多糖症、高コレステロール血症等の疾患に対する遺伝子治療薬の開発を行うほか、遺伝子治療に用いられるウイルスベクターの開発も進めている。これらウイルスベクターに関しては100以上の特許・独占的権利を保有しており、他社へのライセンス供与も行っている。

遺伝子治療薬の研究開発には、遺伝子などの解析のための機器やアプリケーションが必要だが、こうしたソリューションを提供している企業がイルミナ(ILMN)だ。DNAの塩基配列解読装置や関連キットなどを開発・製造し、大学の研究機関や医薬品企業の研究所などに販売している。なお2018年11月に同業のパシフィック・バイオサイエンス(PACB)買収を発表した。

将来の有望分野は遺伝子治療

ここまでいくつか紹介してきた遺伝子治療薬の開発企業は、業容の特性上、売上高がほとんどなく、開発費負担が先行するため赤字が続いている。それでも新薬として承認され、広く認知・活用されるようになれば巨額の収入が期待できるため、各社が研究開発にしのぎを削っている。大企業も将来の有望分野として遺伝子治療に注目しており、共同研究を行ったり、買収して技術や人材を取り込んだりと余念がない。

ネットメディア「米国IPO週報」によると、2019年1月から7月までのIPOは97社あり、このうち医薬品関連が39社と全体の4割を占めている。欧州企業のほか、最近では中国企業の台頭もめざましく、一段と競争は激化してきている。絶えず変化を繰り返す、振幅の大きな業界だけに、今後も目が離せない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。