「地頭がいい人」とそうでもない人の決定的な差

知識の世界で重要な「答え」よりも意味を持つ

なお、この図においては「3つの知的能力」が単なる羅列ではなく、「3つの座標軸」という形で定義されているが、そこにも理由があるようだ。それは「地頭と知識力」および「地頭と対人感性力」に直接的な相関関係がない(ベクトルが直行している)ことを意味しているから。

つまりは3つの能力のうちの1つに秀でることは、他の能力と関係がないということだ。

WHY:知識力には限界があるが地頭力には限界がない

次に細谷氏は、地頭力に軸足を置く形で、これら3つの能力を比較している、そうすることにより、地頭力が求められる理由を明確にしていくためである。まず焦点が当てられているのは、地頭力と知識力との違いだ。

(出所)『入門 『地頭力を鍛える』 32のキーワードで学ぶ思考法』(東洋経済新報社)

知識とは過去に起こったことの集大成であるので、そこには正解が存在する。よってすぐに記憶を呼び戻すことができるが、そこには限界もある。簡単な話で、知識力は有限だからだ。

言ってみれば知識の世界で重要なのは「答え」。専門家が強みを発揮できるのがこちらの領域だということになる。

対する地頭力の世界は、細谷氏の言葉を借りるなら「未来志向」。正解やプロセスが1つに収まり切ることはなく、つまりは無限の可能性を秘めているということだ。

ここで注目すべきは、答えよりも問いが大きな意味を持つ問題発見の段階では、「自ら考える力」が重要だということ。だからこそ、時に「素人」のほうが力を発揮する場合も十分にありうるわけである。

言うまでもなく、日本社会においてこれまで教育やビジネスの現場で求められてきた価値観は「知識型」。そのため、ビジネス環境を思考力重視へと変化させるに当たっては、これが大きな阻害要因となってきたと考えられる。

次ページ地頭力と対人感性力との違い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。