「地頭がいい人」とそうでもない人の決定的な差

知識の世界で重要な「答え」よりも意味を持つ

近年よく耳にするようになった「地頭」という言葉は、コンサルティング業界や人事の世界では古くから用いられていたのだという。例えば、「地頭がよい学生を採用したい」というような言い方がなされていたわけだ。

つまり、ここでいう「地頭のよさ」とは、「知識を詰め込んだのではなく、柔軟な発想ができて新しい分野にも短期間で対応していく力を持っていること」となるのだろう。言い換えれば、先に触れた「従来の優等生」とは正反対の能力である。

(出所)『入門 『地頭力を鍛える』 32のキーワードで学ぶ思考法』(東洋経済新報社)

とはいっても明確に定義づけられていたわけではなく、言葉の使い方は人によってさまざま。そこで細谷氏は上記の図のように「地頭力」をビジネスに必要な3つの知的能力の1つとして位置づけ、図の上半分「ビジネス(あるいは日常生活全般)に必要となる知的能力」を、以下の3つに大別している。

①「知識力」(業界知識や各種専門知識等)
②「対人感性力」(対人的な感情や心理を扱う能力)
③「地頭力」(自ら考える力)
(143ページより)

「頭がいい」という状態は、「物知り」(知識力)、「機転が利く」(対人感性力)、「地頭がいい」(考える力)の3つがあってこそ成立するということだ。

次ページ3つの知的能力の相関関係
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT