2度の不登校になった18歳が、親に望んだこと

中学時代に続き、専門学校でも不登校に

「ここで逃げたらもう終わりだ、頑張って行かなくちゃ」という思いと、「専門学校に対する違和感や『行きたくない』という本当の気持ちに、ウソをつきたくない」という思い。いろいろな気持ちがループして、なんとか2週間耐えていたが、それも限界になり、パタリと行けなくなった。

「ああ、私はなんて親不孝な娘なんだ」と毎晩のように自分を責め続け、ついには自傷行為に走ってしまい、それを母に見つかってしまった。

だけど、自傷を見つかったことがきっかけで、私の本心を母に言わざるをえない状況になった。私は泣きながら初めて自分の本音を話した。

母は時々、不安そうな表情をしながらも、話を最後まで聞いてくれた。そのときに私は気づいた。

「ああ、アドバイスや解決策がほしかったんじゃない。私はただ話を聞いてほしかった。共感してほしかった。自分の考えを認めてほしかっただけなんだ」と。

そう思った瞬間、なぜだかすうっと気持ちが楽になった。これでいいんだと思えた。

このことがあってから、今は母に対する申し訳なさも少しはあるが減ってきたため、以前よりも母とちゃんと向き合えるようになったと思う。

またやり直せる

その後、母と専門学校の先生と三者で話し、つい先日、私は専門学校に退学届を出した。

追いつめられて自傷行為までしてしまったけれど、今は大丈夫。私の気持ちを受けとめてくれる母がいれば、またやり直せると思っている。

この記事を読んでくれている親の方に伝えたいことがある。不登校の子どもがどんな状況になったとしても、親はその子を信じて見守り、その子の本音を最後まで聞いてあげてほしい。

アドバイスではなく、とにかく共感して、「あなたはそのままでいいんだよ」と伝えてあげてほしい。

そうすれば子どもは少しずつだけど、ありのままの自分を受け入れやすくなると思うし、受け入れられれば、自分の力で立ち上がることができる。

私の体験だけでえらそうに語れないかもしれないけど、今は強くそう思っている。

(不登校経験者・さゆり 18歳)

不登校の関連記事
不登校の子の夏休みの過ごし方 保護者にとって大事なコツは
ひといちばい敏感な子とその親が始めた安心基地の作り方
「私は友だちがほしい」不登校から高校進学した結果
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT