2度の不登校になった18歳が、親に望んだこと

中学時代に続き、専門学校でも不登校に

中学3年生のときと専門学校で、2度の不登校経験をしたさゆりさん。それでも「またやり直せる」と思えたきっかけとは?(写真:不登校新聞)  
今回は、母親との関係や、母にしてほしかったことについて、不登校経験者のさゆりさんに書いてもらった。

私は先日、人生で2度目の不登校になった。中学3年生のときに不登校し、通信制高校では楽しく過ごしたものの、この4月から入学した専門学校に、入学後2週間で行けなくなってしまったのだ。

クラスの人間関係はすごくピリピリしていて、その場にいるだけで緊張しっぱなしだった。実技やテストなど課題も多く、自分の発達障害という特性上、まわりとペースが合わなかった。

当記事は不登校新聞の提供記事です

専門学校に行けなくなってからしばらくして、私は母に「どういうふうにしたら専門学校へ行けていたと思う?」と聞かれた。

この質問をされたとき、答えるのにすごく迷った。自分でもどうしたらよかったか、わからなかったからだ。

もちろん母は、私がどうすれば専門学校に行きやすくなっていたかを純粋に考えてくれたんだと思う。私はそれに答えることができなかったことを申し訳なく思った。

だけど、同時にこんなことも思った。「また学校の話題を出すの?」「学校に復帰させようとしているんじゃないの?」。

母はただ心配で言ってくれたのかもしれない。でも私にとっては「母の心配」がものすごくプレッシャーだったのだ。

親に甘えられず

私は親に上手に甘えることができない。私が中学で不登校になったとき、母は何も言わずそっとしておいてくれたが、内心は不安でいっぱいだったのだろう。

私はあのとき迷惑をかけてしまったことへの罪悪感があったし、これでまた不登校になったら同じ負担を与えてしまう。

それに中学の頃と違い、せっかく払ってくれた高い学費をムダにできない。「今度こそ期待に応えなくては」と思っているうちに、なんとなく母に専門学校のことを話しづらくなっていた。

次ページ2週間耐えたが限界となり、パタリと行けなくなった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT