米国利下げ後の世界はどうなってしまうのか?

世界経済全体が「日本化」してしまった 

「パウエル(議長)にはガッカリだ!」などと言いながら金融政策に口を出しまくるトランプ大統領。米利下げ後の世界はどうなるのか?(写真:ロイター/アフロ)

あらかじめ予想されていたこととはいえ、実際にそうなってみるとこの事実は重い。7月30-31日に行われたFOMC(米連邦公開市場委員会)は、政策金利の0.25%引き下げを決めた。

パウエル議長はつらいよ

ドル金利が下がるのは実に10年半ぶりのこと。2008年のリーマンショックの前後、米連邦準備制度理事会(連銀)は利下げを繰り返し、2008年12月にはゼロ金利(政策金利の誘導水準が0~0.25%)に到達した。

ようやくアメリカ経済が復調し、利上げを開始したのは2015年12月になってから。「やれやれ、これで金融政策の正常化だ、出口政策だ」と思っていたところ、話はそんなに簡単ではなかった。過去3年半の間に、利上げは0.25%×9回だけ。我慢強く進めてきたつもりだったが、それでも性急に過ぎたということになる。

今回は同時に、連銀の保有資産縮小計画も予定を前倒しして中止が決まった。リーマンショック以降、連銀は3次にわたる量的緩和政策を実施し、米国債などを買いまくった。その結果、連銀の保有資産は8000億ドルから4.5兆ドルにまで膨れ上がった。これも2017年秋からじょじょに縮小を開始し、直近では3.8兆ドルまで減っていたのだが、今後は満期になった分を買い替えるという形で資産規模を維持することになる。

ところが、ドナルド・トランプ大統領はと言えば、あいもかわらずこんなツィートを発している。

「いつものことながら、パウエルにはガッカリだ。それでもとにかく量的縮小を止めようとしている。最初から始めるべきじゃなかったんだよな、インフレは起きてないのだし。ともあれ、われわれは勝利しつつある。連銀はちっとも私を応援してくれないけどね!」

おいおい、大統領がそんな風に口を出すものだから、金融政策がやりにくくなっているんじゃないか。ジェローム・パウエル議長は内心、「大統領に言われた通りにやってるんじゃないんですから!」と叫びたいところだと思うぞ。

次ページFOMC前に日銀が打った手は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT