ベガス緊急事態!バッタ「超大量発生」の恐怖

人気観光スポットもバッタだらけに

ラスベガスでは目下、バッタが大量発生している(映像:Jacob's Life in Vegas)

羽が生えた昆虫の大群がピラミッドを取り囲む。まるで、聖書の出エジプト記の災いだと思う人もいるかもしれない。

バッタの一種、パリッド・ウィングド・グラスホッパー(pallid-winged grasshopper)の大群が7月下旬にラスベガスに到来。ラスベガスのメインストリートであるラスベガス・ストリップや、人気の観光スポットを占拠している。ルクソールホテルの上空にも、夜にはバッタが押し寄せている。

しばらくラスベガスに滞在?

ルクソールホテルは、古代エジプトをイメージして建設されたピラミッド型の30階建てのホテルで、同ホテルでは毎晩、ピラミッドの頂点から「スカイビーム」と呼ばれる強力な柱状の光を夜空に向けて放っている。その光はロサンゼルスを飛行するパイロットにも見えるほどだ。

このスカイビームがバッタをも呼び寄せる。専門家によると、バッタは紫外線に引き寄せられるといい、ラスベガスにこの先何週間かとどまる可能性があるという。

ネバダ州農業当局の昆虫学者、ジェフ・ナイトは「人間が白い光だと思っている光が、バッタにとっては魅力的な光だと考えられる」と言う。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の昆虫学部長であるメイ・ベレンバームは、ルクソールホテルのスカイビームは昆虫を引き寄せることで有名だと話す。ほぼつねに、「蛾が柱状に集まっている」という。

次ページバッタが大量発生している原因は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。