ベガス緊急事態!バッタ「超大量発生」の恐怖

人気観光スポットもバッタだらけに

ラスベガスでは目下、バッタが大量発生している(映像:Jacob's Life in Vegas)

羽が生えた昆虫の大群がピラミッドを取り囲む。まるで、聖書の出エジプト記の災いだと思う人もいるかもしれない。

バッタの一種、パリッド・ウィングド・グラスホッパー(pallid-winged grasshopper)の大群が7月下旬にラスベガスに到来。ラスベガスのメインストリートであるラスベガス・ストリップや、人気の観光スポットを占拠している。ルクソールホテルの上空にも、夜にはバッタが押し寄せている。

しばらくラスベガスに滞在?

ルクソールホテルは、古代エジプトをイメージして建設されたピラミッド型の30階建てのホテルで、同ホテルでは毎晩、ピラミッドの頂点から「スカイビーム」と呼ばれる強力な柱状の光を夜空に向けて放っている。その光はロサンゼルスを飛行するパイロットにも見えるほどだ。

このスカイビームがバッタをも呼び寄せる。専門家によると、バッタは紫外線に引き寄せられるといい、ラスベガスにこの先何週間かとどまる可能性があるという。

ネバダ州農業当局の昆虫学者、ジェフ・ナイトは「人間が白い光だと思っている光が、バッタにとっては魅力的な光だと考えられる」と言う。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の昆虫学部長であるメイ・ベレンバームは、ルクソールホテルのスカイビームは昆虫を引き寄せることで有名だと話す。ほぼつねに、「蛾が柱状に集まっている」という。

次ページバッタが大量発生している原因は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。