「ネズミ」が激増するニューヨークのヤバい現状

真っ昼間から堂々と活動している

ネズミが激増しているニューヨーク市では警告も(写真: Stephen Speranza/The New York Times)

ニューヨークのブルックリンでは普段から歩道に多数のネズミが潜んでいるため、人がネズミを避けて歩かなければならない。車も安全ではなく、ネズミにエンジンワイヤーをかじられてしまう。

流行りのレストランが並ぶマンハッタンのある通りは、グルメな人々だけでなく、レストランから出た残飯をあさるネズミが集う場所になっている。サウスブロンクスにある公営集合住宅の住民らは、日常的に足の上を通り過ぎるネズミにつまずくのではないかと不安がっている。

4年で目撃情報が約4割増えた

ニューヨークはずっと以前からこの害獣との共存を強いられてきたが、ここ数年はネズミの大量発生が急激に拡大しており、市内のいたるところに出現している。

「私は元海軍兵なのでおびえることはないが、これはひどい」と話す機械工のパブロ・エレラ(58歳)は、風格あるブルックリン美術館にほど近いプロスペスクトハイツにある自宅周辺を歩いていたときに、30匹ものネズミを見かけた。

非営利監視団体「OpenTheBooks.com」とニューヨーク・タイムズが市のデータを分析したところ、ネズミの目撃情報がニョーヨーク市のホットラインに寄せられた件数は、2014年の1万2617件から昨年は1万7353件と38%近く増加した。同じ時期に実施された市の保健衛生調査で見つかったネズミの活動痕跡は、2倍近くになっている。

ニョーヨーク市のビル・デブラシオ市長は歴代の市長らと同様、「ネズミとの戦い」を宣言したが、これまでのところ市が劣勢だ。

次ページネズミが大量発生した3つの理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。