クールビズ姿がどこか残念な男の思わぬ盲点

薄着でノージャケットだからこそ目立つ

薄着の落とし穴はポロシャツにも潜んでいます。

真夏のポロシャツは、オン・オフ問わず重宝しますが、ワイシャツとはまったく異なる「着こなしの工夫」が必要です。「シャツ」という言葉からワイシャツの扱いと大差がないよう思いがちですが、ポロシャツはTシャツに近い存在です。だからこそ、ワイシャツ姿ではありえなかった「乳首透け問題」や「丈の問題」が頻出します。

「鹿の子」と呼ばれる通気性と肌さわりがよいポロシャツ特有の生地は、ワイシャツに比べ、たとえ肌着を身につけていたとしても、透けて見えやすいのです。

とくに、爽やかな白いポロシャツはそのリスクが高く、知らずに恥ずかしい思いをしてしまうことがあります。グレーのポロシャツは汗染みが目立ちやすいという特徴があります。つまり、ビジネスシーンで着用するポロシャツは紺や黒などのダークカラーを選ぶのが無難なのです。

ポロシャツ姿をゴルフスタイルに見せない工夫

次に、「ポロシャツ丈の問題」。ポロシャツがワイシャツと違う最大のポイントは、裾をパンツに入れるときに、ビジネスというよりゴルフのスタイルに見えること。とはいえ、長い着丈のポロシャツで裾を出すと、だらしなく見えます。

解決策は2つです。1つ目は、「裾を出すことを前提にした着丈が短いポロシャツを選ぶ」こと。目安は、試着したとき、ズボンのファスナーが半分隠れる程度です。ズボンのファスナーが全部隠れるタイプは、裾を外に出して着たときにだらしなく見えます。ですが、ショップでは、そういう説明表示はありません。店員さんに確認しましょう。

2つ目は、「ビズポロ型を選ぶこと」。ビズポロはポロシャツ同様の鹿の子生地でありながら、シャツと同じ形状をしているため、パンツインすることを前提としています。以上2点の問題をクリアしたポロシャツであれば、ポロシャツで失敗することはありません。

もし、あるとするならば、襟元から見える肌着リスクです。高温多湿の日本で肌着は必需品ですが、その役割は汗を吸収するものなので、肌着は見せてはいけません。肌着から出る生活感は、レストランに例えるならば、清掃用具が見えているようなものだからです。

次ページノージャケット姿、最大の盲点とは!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT