「憎む前に離婚」現代夫婦のリアルな決断理由

浮気"疑惑"時点であっさり離婚する人も…

時代が変われば離婚の形も変わります。近年見る、新しい離婚のタイプとは?写真はイメージです(写真:metamorworks/PIXTA)
「最近、新しいタイプの離婚をちらほらと聞くようになった」というのは、作家の亀山早苗さん。“従来とは違う”現代の夫婦たちのリアルな離婚理由に迫った。

“疑惑”レベルで離別を決意「不信感離婚」

浮気三昧の夫の言動に耐えたという話は、いまは昔。現代は浮気「疑惑」であっさり別れる女性がいる。

アキさん(38=仮名、以下同)が友達の結婚パーティーで知り合った同い年の彼と結婚したのは33歳のとき。

「結婚して3年、娘がまだ1歳になったばかりのころに、夫の帰宅時間が妙に不規則になったり、初めて外泊したりしたんです」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

今から3年前のことである。浮気だという確固たる証拠はない。夫を問いつめても、「仕事が忙しかった」「付き合いで行った飲み会で、上司に酔いつぶされた」などと言い訳をする。

毎日遅いわけではないが、どこか挙動がおかしい。突然、花を買って帰ってきたときは、ほかの誰かに渡したかったのではないか、と疑念を抱いた。

何かが不自然だとアキさんは感じたのだった。

そんな状態が3か月ほど続き、アキさんは子どもを連れて実家に戻った。

「夫を信頼できなくなったんです。浮気していようがいまいが、それはどうでもいい。信頼感がなくなっても夫婦でいる、ということに意味がないと思って……」

我慢する気はなかった。というのも、自宅から30分ほどのところに住む両親が「いつでも帰っておいで」とエールを送ってくれていたからだ。

「出産後も私は職場復帰していましたし、きちんと仕事も続けていきたかった。仕事と娘は大事だけど、信頼がなくなった夫はストレスにしかならない」

次ページ夫の扶養に頼らない「10年計画離婚」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT