『管理部門は転職できない?』(34歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『管理部門は転職できない?』(34歳男性)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:19

『管理部門は転職できない?』(34歳男性) 
 
<相談者の悩み>

 こんにちは、自動車関係の中堅部品メーカーに勤務している、34歳男性です。現在地方工場にて経理職を担当しています。

 仕事は入社以来ずっと経理で、経理については一通りのことは身についていると自負しています。また、仕事内容にも特に不満は無く、このままのキャリアで働き続けたいと考えています。

 ただ、今の会社では先が見えているのも事実です。業務内容、事業所はおそらく定年まで大きくは変わらないでしょうし、ポストもせいぜい課長とまりでしょう。特に経理なんて、担当部門の数字を拾って当て込むだけの作業です。多少なりとも頭を使うのは「もうちょっと数字をなんとかしろ」と、上から指示を与えられたときくらいで、それ以外はほとんどルーチンの繰り返しです。楽といえば楽ですが、自分ではなにも価値を作り出せていない、という焦燥感のようなものは、常に抱えています。

 もっと大きな仕事を、大きな会社で回してみたい。そしてできれば、実際に数字を生み出すような、より上流の仕事にも携わりたい。そんな漠然とした希望は、ずっと抱き続けています(今は景気も良いですし…)。

 そう考えて、人材紹介会社の求人情報などを何とはなしに閲覧する日々ですが、一つ気になることがあります。

 求人情報の中で、経理や財務といった管理部門のものが、極端に少ないのです。やはり、そういった内勤部署の転職は難しいのでしょうか?また、実際に転職が難しいのであれば、上手く成功させる方法を教えてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。