なぜ関西私鉄で「京阪」だけがプロ野球に無縁?

グラウンド建設など実は野球とは深い関係

進取の精神で知られる京阪。だがプロ野球には縁がなかった(筆者撮影)

関西大手5私鉄のうち、唯一プロ野球球団を持ったことがない京阪電気鉄道(京阪)。だが、その歴史を振り返ってみると、野球とは深い関係にあったことがわかる。

京阪も野球には縁があった

今でこそプロ野球球団を持つ鉄道会社は阪神と西武の2社だけだが、かつてはいくつかの大手鉄道会社がプロ野球に参入していた。とくに関西では、阪急・近鉄・南海の3社が球団を保有。この3つはいずれもパ・リーグに属しており、“関西私鉄対決カード”では関西ならではの、辛辣ながら愛のある応援が繰り広げられた。

現在、関西私鉄で唯一球団を持つ阪神。甲子園球場は鉄道の利用促進にも大いに寄与している(筆者撮影)

一方で、京阪は現在に至るまで一度もプロ野球球団を保有したことがない。だが京阪の歴史をたどってみると、実は野球に縁のあったことが浮かび上がる。

京阪が開業したのは1910(明治43)年4月のことである。この前月には阪急が開業し、また南海と阪神はすでに営業していて、京阪神の鉄道網は着々と整備されつつあった。

そして、これら鉄道会社は利用者を増やすため、さまざまな施策を打つ。阪急の池田室町住宅地に代表されるように、住宅を分譲販売することで沿線の人口を増やし、通勤客を獲得したほか、各社は遊園地や娯楽施設なども積極的に展開していった。

次ページ「京阪グラウンド」で集客狙う
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT