日野がもくろむ「死亡事故ゼロ」に向けた布石

最新安全技術試乗会で見た最先端の技術とは

このドライバーモニターⅡは「自動検出式ドライバー異常時対応システム/EDSS」とも連動する。EDSSとは運転中のドライバーが突発的な事象によって運転の継続ができなくなった場合に、乗員や乗客のボタン操作によって、同一車線内に車両を完全停止させる機能だ。2016年3月に世界に先駆けて国土交通省によってガイドラインが策定され、日野自動車では2018年に発売した大型観光バス「セレガ」で標準装備化している。

世界初となる先進安全技術

今回発表となった「自動検出式EDSS」は、ドライバーモニターⅡを併用することで、ドライバーの姿勢崩れや開眼状態の自動検出が可能になった。また、自動検出式EDSSは2018年3月のガイドライン第2弾にのっとった機能であり、こちらは世界で初めて実装される先進安全技術でもある。

作動内容は以下の通り。①ドライバーが目を閉じた状態で、突っ伏したり横倒れしたりなど運転操作の継続ができない状態で、②車線逸脱を報知する「車線逸脱警報装置」の警報ブザーにも反応できない時点で作動要件が満たされ、③減速度0.245Gを発する制動力(システムが自動で行うブレーキ操作)を伴って同一車線内に完全停止する。ちなみに減速度0.245Gのブレーキングとは、体感的に少し強めのブレーキ力。例えば乗用車を運転中、前方信号機の赤点灯を認識してゆったり停止する際の強さが0.15G程度とされている。

大型トラックの「サイトアラウンドモニター」(筆者撮影)

大型トラック向けのサイトアラウンドモニターシステムは、丁字路などで左右方向から来る車両や自転車(移動していることが条件)を前バンパー下部左右に1カ所ずつ搭載したミリ波レーダーで検出し、その存在を警報ブザーとディスプレイ表示で知らせる機能。警報ブザーは左右に配置された車内スピーカーを使い、しかも接近方向側のスピーカーのみが鳴るため、ドライバーは接近方向の把握も同時に行える。

小型トラック向けに開発された、A/前進誤発進抑制、B/クリアランスソナー、C/低速衝突被害軽減機能の3機能は車両前部のグリル左右(日野自動車のCIマーク左右付近)に2カ所と、前バンパー下部に2カ所の合計4つの超音波ソナーを用いて機能させる。

次ページ3機能それぞれの特徴は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT