日野がもくろむ「死亡事故ゼロ」に向けた布石

最新安全技術試乗会で見た最先端の技術とは

このドライバーモニターⅡは「自動検出式ドライバー異常時対応システム/EDSS」とも連動する。EDSSとは運転中のドライバーが突発的な事象によって運転の継続ができなくなった場合に、乗員や乗客のボタン操作によって、同一車線内に車両を完全停止させる機能だ。2016年3月に世界に先駆けて国土交通省によってガイドラインが策定され、日野自動車では2018年に発売した大型観光バス「セレガ」で標準装備化している。

世界初となる先進安全技術

今回発表となった「自動検出式EDSS」は、ドライバーモニターⅡを併用することで、ドライバーの姿勢崩れや開眼状態の自動検出が可能になった。また、自動検出式EDSSは2018年3月のガイドライン第2弾にのっとった機能であり、こちらは世界で初めて実装される先進安全技術でもある。

作動内容は以下の通り。①ドライバーが目を閉じた状態で、突っ伏したり横倒れしたりなど運転操作の継続ができない状態で、②車線逸脱を報知する「車線逸脱警報装置」の警報ブザーにも反応できない時点で作動要件が満たされ、③減速度0.245Gを発する制動力(システムが自動で行うブレーキ操作)を伴って同一車線内に完全停止する。ちなみに減速度0.245Gのブレーキングとは、体感的に少し強めのブレーキ力。例えば乗用車を運転中、前方信号機の赤点灯を認識してゆったり停止する際の強さが0.15G程度とされている。

大型トラックの「サイトアラウンドモニター」(筆者撮影)

大型トラック向けのサイトアラウンドモニターシステムは、丁字路などで左右方向から来る車両や自転車(移動していることが条件)を前バンパー下部左右に1カ所ずつ搭載したミリ波レーダーで検出し、その存在を警報ブザーとディスプレイ表示で知らせる機能。警報ブザーは左右に配置された車内スピーカーを使い、しかも接近方向側のスピーカーのみが鳴るため、ドライバーは接近方向の把握も同時に行える。

小型トラック向けに開発された、A/前進誤発進抑制、B/クリアランスソナー、C/低速衝突被害軽減機能の3機能は車両前部のグリル左右(日野自動車のCIマーク左右付近)に2カ所と、前バンパー下部に2カ所の合計4つの超音波ソナーを用いて機能させる。

次ページ3機能それぞれの特徴は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
知られざる自動車部品サバイバル<br>ドイツ3強vs.トヨタグループ

世界の自動車部品業界をリードする日独のメガサプライヤー。ZF、ボッシュ、コンチネンタルと、トヨタグループ最大手のデンソーを集中的に取材。CASE(つながる化、自動運転、シェアリング、電動化)の荒波を越え勝ち抜くのはどこか。

  • 新刊
  • ランキング