「ジョンソン新首相」ならブレグジットは大混乱

高まる総選挙、2度目の国民投票のシナリオ

ジョンソン氏は、ブレグジットによってイギリスは関税同盟と単一市場から脱退し、移行期間(離脱後の経過措置)の間にEUと包括的な自由貿易協定(FTA)を結ぶことを目指す。そして離脱の方法として、次の3案を示している。

プランAは、北アイルランドとアイルランドの国境管理における「バックストップ(安全策)」条項のない「よりよい離脱協定」での離脱だ。

バックストップとは、アイルランド紛争の和平合意(1998年ベルファスト合意)を守り、税関などの物理的な国境の設置を回避するため、その回避策が見つかるまで移行期間終了後もイギリス全体がEUの関税同盟に残り、北アイルランドはEUの一部規制下にもとどまるという措置だ。これに対し、ジョンソン氏ら保守党の離脱強硬派は、関税自主権が半永久的に失われるとして反発。保守党に閣外協力する北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)も反対したことが、議会で離脱協定が3度も否決される原因となった。

EU側の反対でプランCしか選択肢はないが・・・

ジョンソン氏は離脱協定からバックストップ条項を撤回し、技術活用による国境管理問題の解決策を目指す方針。そのため、離脱協定の修正でEUに再交渉を求める見込みだ。

プランBは、関税および貿易に関する一般協定(GATT)24条を適用し、「現状維持協定」を締結することで、新たなFTA締結まで現状の貿易関係を維持するというもの。離脱協定がなくても移行期間を設定できるという主張だ。

そして、プランCは合意なき離脱だ。ジョンソン氏は新聞のコラムで「分別のある者は合意なき離脱を目指しはしないが、責任ある者は交渉のテーブルから排除しない」と書いている。また、ハント外相に宛てた最近の書簡の中で「10月31日に離脱することが、われわれの民主主義への信頼を取り戻す唯一の道だ」と述べている。

対するEU側は、離脱協定は再交渉しないとのスタンスを変えておらず、プランAの受け入れを拒否している。プランBも、移行期間は離脱協定の一部であり、その合意をもって設定されるべきものとして否定済みだ。となると、今のままではプランCしか選択肢がないことになる。

次ページジョンソン新首相なら合意なき離脱のリスク高まる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT