カリスマ投資家が3月に狙う「お得な株」とは?

日経平均株価はあまり気にしないほうがいい

3月は配当や株主優待のことが1年で一番話題になる月。両方もらえる「お得な株」がたくさんある (写真:kotoru / PIXTA)

日本株は日経平均株価が2カ月半ぶりに終値で2万1500円を回復した。ここからマーケットはどう動くのか。読むのは難しそう。迷ったら、カリスマ投資家・内田衛の出番だ。内田氏は3月の相場でどんなことを考えているのだろうか。早速「株日記」で見てみよう。

オリコが急落!もっと前に売っておけば良かった

【2月12日 火曜日】NYダウは、53ドル安の2万5053ドルと4日続落。クレジットカードのオリエントコーポレーション(8585)を117円で1万4400株買う。注文は5万株指値注文していたのだが、一部約定(約定回数52回)。昨年の11月13日に年初来高値193円を付けているが、117円は年初来安値水準でなかなか下げ止まらない。為替は1ドル=110円台と円安進む。日経平均は、531円高の2万0864円と大幅高。しかし、2月7日の122円安と8日の418円安(合計540円)の分をほぼ戻した、とも見ることができそうだ。

【2月13日 水曜日】NISA(少額投資非課税制度)の日 日経225先物は、40円高の2万0920円、NYダウは、372ドル高の2万5425ドル。9時19分、前出のオリコを117円で3万5600株買い。昨日一部約定で買えなかった分が買えた。

2018年2月6日に170円で2万株、6月28日に148円で8万株と買い増ししてきたが、年初来高値を付けた11月13日の193円辺りで売ろうとも考えたが、売らなかった。売れていれば、400万円の利益確定となったのだが、こんな急に下がるとは予想できなかったな。売っておいたら今の株価ならもっと買えたのにと思うと悔しい。ナンピン買いで、平均買値140.6円で15万株保有。

エスコンジャパンリート投資法人(2971)の上場で、初値は9万7200円と売り出し価格10万1000円を3800円も下回った。ブックビルディングで売り出し価格を決めるのだが、値幅が10万円から10万5000円のところ10万1000円で決まっているので、やはりあまり人気がなかったのだな。売り出し価格の10万1000円で10口保有中。分配金利回りが6.2%ということなので、インカムゲイン狙いで保有かな。終値は、2500円安の9万8500円。不動産のレオパレス21(8848)は、3日連続80円ストップ安の255円。NISAの日の日経平均は、280円高の2万1144円と2万1000円台回復。

次ページ少子高齢化の中で売り上げが増える会社とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。