カリスマ投資家が3月に狙う「お得な株」とは?

日経平均株価はあまり気にしないほうがいい

3月は配当や株主優待のことが1年で一番話題になる月。両方もらえる「お得な株」がたくさんある (写真:kotoru / PIXTA)

日本株は日経平均株価が2カ月半ぶりに終値で2万1500円を回復した。ここからマーケットはどう動くのか。読むのは難しそう。迷ったら、カリスマ投資家・内田衛の出番だ。内田氏は3月の相場でどんなことを考えているのだろうか。早速「株日記」で見てみよう。

オリコが急落!もっと前に売っておけば良かった

【2月12日 火曜日】NYダウは、53ドル安の2万5053ドルと4日続落。クレジットカードのオリエントコーポレーション(8585)を117円で1万4400株買う。注文は5万株指値注文していたのだが、一部約定(約定回数52回)。昨年の11月13日に年初来高値193円を付けているが、117円は年初来安値水準でなかなか下げ止まらない。為替は1ドル=110円台と円安進む。日経平均は、531円高の2万0864円と大幅高。しかし、2月7日の122円安と8日の418円安(合計540円)の分をほぼ戻した、とも見ることができそうだ。

【2月13日 水曜日】NISA(少額投資非課税制度)の日 日経225先物は、40円高の2万0920円、NYダウは、372ドル高の2万5425ドル。9時19分、前出のオリコを117円で3万5600株買い。昨日一部約定で買えなかった分が買えた。

2018年2月6日に170円で2万株、6月28日に148円で8万株と買い増ししてきたが、年初来高値を付けた11月13日の193円辺りで売ろうとも考えたが、売らなかった。売れていれば、400万円の利益確定となったのだが、こんな急に下がるとは予想できなかったな。売っておいたら今の株価ならもっと買えたのにと思うと悔しい。ナンピン買いで、平均買値140.6円で15万株保有。

エスコンジャパンリート投資法人(2971)の上場で、初値は9万7200円と売り出し価格10万1000円を3800円も下回った。ブックビルディングで売り出し価格を決めるのだが、値幅が10万円から10万5000円のところ10万1000円で決まっているので、やはりあまり人気がなかったのだな。売り出し価格の10万1000円で10口保有中。分配金利回りが6.2%ということなので、インカムゲイン狙いで保有かな。終値は、2500円安の9万8500円。不動産のレオパレス21(8848)は、3日連続80円ストップ安の255円。NISAの日の日経平均は、280円高の2万1144円と2万1000円台回復。

次ページ少子高齢化の中で売り上げが増える会社とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT