トランプ大統領が板門店で金正恩委員長と握手

現職大統領として初めて境界線越え北朝鮮に

6月30日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、南北軍事境界線の非武装地帯で面会した。両首脳は境界線で握手した後、トランプ大統領が軍事国境線を越えて北側に入り、その後、金委員長が境界線を越えて南側に入った。写真は板門店で同日撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

[30日 ロイター] - トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が30日、南北軍事境界線の非武装地帯で面会した。

両首脳は境界線で握手した後、トランプ大統領が軍事国境線を越えて北側に入り、その後、金委員長が境界線を越えて南側に入った。

金委員長は、新しい未来に向けたトランプ大統領の意思の表れと述べた。

トランプ大統領は「今ここで金委員長をホワイトハウスに招待したい」と述べ、金委員長も「トランプ大統領が平壌を訪問すれば光栄」と応じた。

南側では韓国の文在寅大統領も加わった。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。