フェラーリが乗り越えるべき「2つのハードル」 スーパーカーは環境規制にどう対応するのか

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

しかし、国連自動車基準調和世界フォーラムにおいて規定される自動車の走行音に対する規制が、このところ一段と強化されている。現在はフェーズ1の規制値がヨーロッパに導入され、日本における認証もそれに基づいているが、2020年にはさらに厳しいフェーズ2が導入される予定だ。

現状のフェーズ1でも、それはかなり厳しいもので、エグゾーストノートとタイヤから発生する路面との摩擦音の総和は、いわゆるスーパーカーにおいては規定値ギリギリのものがほとんどと言ってよい。で、あるから音量の大きいタイプへの改造などはもってのほかだ。

筆者もそのガソリンエンジンを持つ自動車が醸し出すサウンドの魅力を愛でる1人であるが、音に関する感じ方は十人十色であることも十分理解している。音の大きさではなく、その質でエグゾーストノートを楽しむよう心がけなくてはならない。

要は、その次なるフェーズ2が導入されたとすると純粋なガソリンエンジン自動車がそれをクリアするのはたいへん難しいと言われているのだ。であるから、スーパーカーの迫力あるサウンドを楽しむことはかなり難しくなると言わざるをえない。この規制により、スーパーカーの持つ重要な魅力を失ってしまうことは明らかだ。

パフォーマンスの追求としての電動化

スーパーカーに対する逆風の中、ブランドDNAを維持するためのストーリーにもこだわらなくてはいけないところが難しい。純粋なスポーツカーというDNAをアピールしたい彼らにとって、環境のために妥協してさまざまなデバイスを採用するというのは、口にできない。決してプラスにはならないのだ。だから“電動化はあくまでパフォーマンスの追求”とやせ我慢しなければならない難しさがある。

これら、電動化というスーパーカーのトレンドに対して、実はもう1つのトレンドがある。それは徹底した軽量化の追求だ。軽量化はもちろんスポーツカーにおいて重要な要素であり、どのメーカーもそれを目指していたが、それを最新のテクノロジーで究極まで追求する。

次ページ軽量化に取り組むダラーラ社
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT