日本語NG店も「川口」のディープすぎる街の姿

在留外国人数は全国3位で中国人が最も多い

2004年、埼玉県警が西川口駅周辺を「風俗環境浄化重点推進地区」に指定。最盛期に約200店舗もあった違法性風俗店が摘発され徐々に姿を消した。その後、撤退と入れ替わりに中国系の飲食店、商店が進出した。

中国・東北部で食べられている大鍋料理店(筆者撮影)

冒頭で紹介した西川口駅近くにある大鍋料理店を訪れた。中国・東北部で食べられている大鍋料理は、東京都内などでもあまり見たことがなく、とても珍しい存在だ。ここに東北部出身の中国人が、故郷の味を求め足しげく通っている。

大鍋は現地から職人を呼んで作った

これまで、筆者は数回訪れたが、日本人を見かけたのは1組だけだ。来店している人たちの中国語も、東北地方の方言で単語すら理解できずにいた。

わざわざ現地から職人を呼んで作った大鍋(筆者撮影)

コンクリート製のテーブルに大鍋が埋め込まれているが、わざわざ現地から職人を呼んで作ってもらったそうだ。食後は冷めた頃を見計らって、大鍋を外し洗ってまたはめ込む。

この大鍋で作る料理を食べるには、4~5人の大人数で行かないと残してしまう。そのため、少人数では最初からあきらめて別料理を頼むが、筆者は何度か1人で食べに行った。

最初に1人で行ったときにメニューの鍋写真に指をさして頼んだら、「ムリ」と「×」印で手を組み断られた。だが、持参したタッパーを見せたら笑顔に変わり注文ができた。聞いたら、1人鍋は現地でも食べられておらず、分量がわからないのでおいしくないとのこと。

店でも持ち帰り容器は有料で用意しているが、商売上手ではないのか、店からは言わないそうだ。日本人はあまり来ないが、情報サイトや食レポをブログなどに書いてもらい、少しずつだが増え始めてうれしいと言う。現在は予約で満席の日もあり、2号店「滕記鉄鍋炖」(トウキテツナベドン)を駅前にオープンした。こちらには、日本語のわかる店員が常駐、日本語メニューもある。

このほかにも、裏路地を歩いてみると、看板に食品が入る店舗がいくつかあり、レストランに食材を卸しているとのことだった。また「日吉物産」は完全に日本語NGで中国語オンリーだが、豚耳や豚足、鶏足など調理済み臓物も販売している。ただし、飲食店やテイクアウトのようにカットしておらず、グラム単位では買えない。販売単位が耳、首、足、アキレス腱の数となる。

日本語が完全NGの食品店(筆者撮影)

つまり、豚なら2耳、4足あるのでそれを1つずつ、アヒルは1首ずつだ。そのため、耳や足の入ったパレットを指でさし、次に3耳、2足と指で欲しい数を示して取り分けてもらう。

最初に日本円札で枚数を見せて、ジェスチャーで手を下向きに振れば、その金額範囲内で数を調整してくれる。通常のお店よりは、2、3割安価だ。持ち帰り、自分で食べやすいサイズにカットするのが難点だが、味はまったく変わらない。

次ページ川口芝園団地の現状は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
給料 最新序列<br>生涯給料をグンと上げる技術

給料をアップさせるには、転職をするか、社内評価を高めるかのどちらか。独自試算した上場3227社の生涯給料ランキング、年齢×ポジション別年収マトリックスなど、公務員を含めた給料の現状と、具体的な引き上げ術を紹介する。