ドル一時106.78円まで下落、5カ月半ぶり安値

今後はドルの下落トレンド加速の可能性も

 6月25日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から円高の107円付近。一時106.78円まで売られ、今年1月3日以来5カ月半ぶり安値をつけた。写真は2016年11月撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 25日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から円高の107円付近。一時106.78円まで売られ、今年1月3日以来5カ月半ぶり安値をつけた。

107円前半でもみあいが続いたドルは、正午前から下げ足を早めた。話題となったのは、トランプ米大統領が日本との安全保障条約を破棄する可能性についての考えを側近に示していたことが分かった、とするブルームバーグの報道。

ただ記事は、大統領が条約破棄に向けて実際に措置を取ったわけではなく、政権当局者らもそのような動きはありそうもないと話している、とも伝えており、市場では中国株安などを受けたリスクオフムードの広がりが影響したのではないかとの声も出ていた。

この日のアジア株式市場は全面安で、中国株は2%近く下落。イランの最高指導者ハメネイ師らに資産凍結の制裁を課す大統領令にトランプ大統領が署名したことを警戒する声も出ていた。

イラン外務省の報道官は、米国の制裁は「外交チャンネルの永久的閉鎖」を意味すると批判した。

アジア市場でも金現物相場は続伸。13年5月以来の高値を更新した。米10年債利回りもじりじりと低下し、再び2%を割り込んだ。

市場では、ドル指数に続いてユーロ/ドルが200日移動平均線を上抜けたことも関心を集めた。同線は中期的な方向性を示唆するとされ「ドルの下落トレンドが勢いづく可能性がある」(外銀)という。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 107.03/05 1.1391/95 121.94/98

午前9時現在 107.32/34 1.1397/01 122.34/38

NY午後5時 107.28/31 1.1396/00 122.28/32

 

(為替マーケットチーム)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT