「ゾゾスーツ=失敗」と考える人によくある盲点

アマゾンも「このトレンド」を模索している

② 人海戦術という中国らしさ

成功の2つめの背景にあるのは、衣邦人が構築した「採寸師」というシステムだ。

採寸師とは、いわば出張計測サービスで、消費者がアプリ経由で計測を申し込むと、同社が抱える採寸師が消費者のもとを訪れ、サイズを計測するというものだ。

マス・カスタマイゼーションにおいて、採寸・計測は乗り越える必要のある高いハードルだ。実際、各社スマートフォンのアプリや「ゾゾスーツ」のように技術を駆使しつつ、試行錯誤でデファクトスタンダード(技術標準)の構築に取り組んでいる。

その領域を「人海戦術」であっさり乗り越えてしまうあたりが、中国企業らしいユニークな発想だ。顧客体験としては、実際に採寸してもらったほうが安心感があるし、満足度も高いという人が多いだろう。

まさに、「衣邦人」は、人とテクノロジーを組み合わせた価値創造の好事例である。

これまで、カスタマイズが必要な「受注生産」は、設計や生産に人手がかかるため必然的に高コストとなり、低価格でマスに展開することは難しかった。オーダーメイドと聞くと、何となく高そうなイメージをもつことからもわかるだろう。

だが、「衣邦人」のほかにも、テクノロジーを活用した多くの企業が、この常識を覆そうとしている

アマゾンも模索する「マス・カスタマイゼーション」

① ユニクロを陰で支える島精機製作所

この分野の草分けとしては、島精機製作所の自動編機「ホールガーメント」が有名だ。同社は80年代からコンピューターデザインおよびコンピューター制御に力を入れ、さまざまな製品を開発してきた。

同社のホールガーメントがあれば、1台でセーターやジャケットなど、さまざまなニットウェアの自動生産が可能となる。サイズ・素材・色など、消費者の要望に合わせた製品を連続で生産することも可能だ。最近では、ユニクロも同社と組んで、ホールガーメントのニットを積極展開している。

② 手軽なオーダースーツを実現するオンワード樫山

また最近、スーツでの浸透が顕著だ。一昔前まではスーツのオーダーメイドは中価格帯以上が一般的であったが、最近は低価格でも気軽に楽しめるようになった。

代表例は、オンワード樫山が手がける「カシヤマ ザ・スマートテーラー」だ。価格は3万円から、納期は最短1週間と短く、消費者の支持を広く集めている。

次ページZOZOはいずれ、巨人「アマゾン」と競合する
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT