上司vs.若者「メール送った」と言うのは必要か

若者の「積もる不満」を上司が気づかない理由

中堅食品会社の商品開発部。商品開発部は花形部署であり、いくつかのチームがそれぞれ新商品の開発を巡りしのぎを削っている。「女性に喜ばれる商品開発」を担うチームでリーダーを務めている木村係長(女性・40歳)の下には、新しく配属になった新人の藤原さん(女性・22歳)がいる。まじめな子なのだが、すぐに答えをほしがるのがイマドキだ。

私たちの頃は…

「私たちの頃は、すっごい厳しかったんだから」

ことあるごとに、つい口にしてしまう。今ほど丁寧に仕事を教えてくれることはなかったし、先輩のやり方を見て盗んでいくのが当然。その姿勢が今の若手には足りないのではないかと悩んでいる。

先日も、ある案件の市場調査を藤原さんに頼んだら、予想どおりの答えが返ってきた。

藤原:「市場調査って初めてなんですけど、どういうデータを調べたらいいんですか?」

木村:「うーん、藤原さんが必要だと思うデータでいいよ。まずは自分で考えてみてよ」

藤原:「え、ああ、はい……。そしたら、過去に作った調査書類のテンプレみたいなの、どこかにないですか?」

木村:「あると思うけど、別に形が重要なわけじゃないから、まずは簡単にでも自分で作ってみてほしいの」

またこの問答か。以前にも社内資料のテンプレをほしがったので渡したら、肝心な人の名前を直し忘れていたことがある。もうちょっと考える習慣を身に付けてほしいんだけど……。

この木村係長の気持ちは、よくわかる人が多いのではないでしょうか。

【木村係長の言い分】
最近の若い子って、とにかく答えを知りたがる。私からすれば「わからないので教えてください」なんて、恥ずかしいくらいだ。むしろ言われたこと以上のことをなんとか返して、それで認めてもらいたいって気持ちのほうが強かったけど。
正直、答えまで教えていたら時間がもったいないし、ほかの人に頼んだほうがよっぽど早いじゃない。だけど育てていくことも私の仕事だから、なるべく考えさせようとしているのが伝わらないんだろうな。
とにかく、どうしたいのかよくわからないのよ。言われたとおりの作業はやりがいがないとか言うくせに、考えてと言ったらテンプレがほしいと言う。それで「この職場では成長できない」とか言い出したら、本当に頭にきちゃうかも。

 

【藤原さんの言い分】
答えがあるなら、まずそれを参考にするほうが無駄がなくていいと思うんだけど。考えて出したこともあるけど、結局いろいろ直されて木村係長の答えになったじゃない。その間の私の時間と手間ってなんなの?
考えることが大事なのはわかる。だけど、それとテンプレを使わないことは違う話じゃない? 考えなくていいところは省いて、考えるべきところに時間を割くべきだと思う。
次ページ「言われたことしかやらない」は本当か?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT