お金持ちはなぜ「泥臭く」働くことを好むのか

しっかりお金が貯まるのには必ず理由がある

日本人の経営者の中にも、店舗に立って従業員と同じように働いたり、人手が足りないとオフィスの掃除などを経営者の家族がしたりすることもあるようです。経営者一族が会社の中に入ってくると、株主や従業員からの抵抗がある場合も多いようですが、誰もがやりたくない仕事を率先してやるために会社に入る場合は別でしょう。

「Dirty, Dangerous and Demeaning(汚い、危ない、屈辱的)」という「3D」の仕事や、誰もやらないようなことを地道に繰り返してきた人こそが、成功を収めるのではないかと思います。経営者が社長室でふんぞり返っているのではなく、店舗に立って顧客と直に接すれば、会社の強みも課題もよく見えてくるでしょう。掃除やクレーム対応など、人がやりたがらないことを上の者が率先してすると、職場の士気も上がります。

「定時に帰る」を念頭に働くシンガポールの若者たち

心配なのは、シンガポールでそうした振る舞いのできる人が少なくなりつつあることです。例えば、学校には清掃の人がたくさんいて、子どもたちは掃除をする機会がほとんどありません。若者たちも、ワークライフバランスを大切にしすぎて、「定時に帰る」ことだけを念頭に働いているような人も多いです。

日本でもワークライフバランスを大切にする人が増えてきました。ですが、しぶとい経営者たちは汗水をお金に変えることに重きを置いています。働けば働くほど、自分に結果が返ってくる。だから、どんなきつい仕事も率先して引き受けるのでしょう。金持ちになった後も同じように泥臭く働き続ける富裕層は、本物だと感じます。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT