お金持ちはなぜ「泥臭く」働くことを好むのか

しっかりお金が貯まるのには必ず理由がある

店は住宅街にあり、決してよい立地ではありません。しかし、デリバリーサービスをしたり、皆が休むチャイニーズニューイヤー(中国の旧正月・春節)にも営業したり、いろいろ工夫しているそうです。

高級食材を扱わない庶民的な中華の場合、メニューは炒め物が多く、仕入れ在庫のリスクは少なくなります。一方で、単価は安いので、客の回転率を上げることで儲けを大きくしなければいけません。そこで、皆が休むニューイヤーは書き入れ時と働くわけです。シンガポールでは、ニューイヤーには親戚一同で集まり、20人など大人数の食事を準備します。そんなときに営業して、しかもデリバリーサービスを行ってくれていたら大助かりなのです。

チャイニーズニューイヤーはタクシーのドライバーも休むので、その時期は反動で自動車のライドシェアの価格が4〜5倍に跳ね上がります。シンガポールに本社のある「グラブ」は今や東南アジアの配車サービス最大手です。私は、皆が働かないときに稼ぐ人は賢いと思います。

できる営業マンも、土日や連休などが書き入れ時になれば休まず、閑散期に休んでいる人が多いですね。自分が休みを取りたいタイミングではなく、仕事が落ち着いて差し障りのないタイミングで休むのです。また、シンガポールに赴任中の外国籍のビジネスマンも、休みを取らずに働き続け、土日や夜間にもメールでやりとりしたりする仕事好きが多いです。

店頭で接客もこなす「世界長者番付」入りの超富豪

シンガポールには、アメリカ経済誌『フォーブス』の「世界長者番付」リストにもランクインする超富裕層――数千億円の個人資産を保有する大金持ちも多くいます。ところが、そんな大金持ちが自ら店舗に立って働いていたり、一族でイベントに出席したりしている姿もよく見られます。お客様から注文を受けて動き回っていたりするのです。

華美ではなく、むしろ控えめな雰囲気でもあるので、あの人が超富裕層と気づかないことすらあります(間近で見ると、ただならぬオーラは感じます)。

セレブリティーシェフなどはメディア出演で忙しくて、自ら店舗に立つ機会は少ないと感じます。世界的なチェーン店がシンガポールから撤退することも少なくありません。ですが、オーナーシェフで自ら厨房に立っている、というお店は味が落ちず、しばらく間を置いて訪ねると新しい発見もあったり、いいところは残しつつ変化していると感じますね。

次ページ経営者が「3D」仕事を率先して担う会社は強い
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT