お金持ちはなぜ「泥臭く」働くことを好むのか

しっかりお金が貯まるのには必ず理由がある

店は住宅街にあり、決してよい立地ではありません。しかし、デリバリーサービスをしたり、皆が休むチャイニーズニューイヤー(中国の旧正月・春節)にも営業したり、いろいろ工夫しているそうです。

高級食材を扱わない庶民的な中華の場合、メニューは炒め物が多く、仕入れ在庫のリスクは少なくなります。一方で、単価は安いので、客の回転率を上げることで儲けを大きくしなければいけません。そこで、皆が休むニューイヤーは書き入れ時と働くわけです。シンガポールでは、ニューイヤーには親戚一同で集まり、20人など大人数の食事を準備します。そんなときに営業して、しかもデリバリーサービスを行ってくれていたら大助かりなのです。

チャイニーズニューイヤーはタクシーのドライバーも休むので、その時期は反動で自動車のライドシェアの価格が4〜5倍に跳ね上がります。シンガポールに本社のある「グラブ」は今や東南アジアの配車サービス最大手です。私は、皆が働かないときに稼ぐ人は賢いと思います。

できる営業マンも、土日や連休などが書き入れ時になれば休まず、閑散期に休んでいる人が多いですね。自分が休みを取りたいタイミングではなく、仕事が落ち着いて差し障りのないタイミングで休むのです。また、シンガポールに赴任中の外国籍のビジネスマンも、休みを取らずに働き続け、土日や夜間にもメールでやりとりしたりする仕事好きが多いです。

店頭で接客もこなす「世界長者番付」入りの超富豪

シンガポールには、アメリカ経済誌『フォーブス』の「世界長者番付」リストにもランクインする超富裕層――数千億円の個人資産を保有する大金持ちも多くいます。ところが、そんな大金持ちが自ら店舗に立って働いていたり、一族でイベントに出席したりしている姿もよく見られます。お客様から注文を受けて動き回っていたりするのです。

華美ではなく、むしろ控えめな雰囲気でもあるので、あの人が超富裕層と気づかないことすらあります(間近で見ると、ただならぬオーラは感じます)。

セレブリティーシェフなどはメディア出演で忙しくて、自ら店舗に立つ機会は少ないと感じます。世界的なチェーン店がシンガポールから撤退することも少なくありません。ですが、オーナーシェフで自ら厨房に立っている、というお店は味が落ちず、しばらく間を置いて訪ねると新しい発見もあったり、いいところは残しつつ変化していると感じますね。

次ページ経営者が「3D」仕事を率先して担う会社は強い
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT